このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

XmlSerializer.Deserialize メソッド (XmlReader)

指定した XmlReader に格納されている XML ドキュメントを逆シリアル化します。

名前空間:  System.Xml.Serialization
アセンブリ :  System.Xml.Serialization (System.Xml.Serialization.dll 内)

public Object Deserialize(
	XmlReader xmlReader
)

パラメーター

xmlReader
型 : System.Xml.XmlReader
逆シリアル化する XML ドキュメントを格納している XmlReader

戻り値

型 : System.Object
逆シリアル化される Object

例外条件
InvalidOperationException

逆シリアル化中にエラーが発生しました。 元の例外には、InnerException プロパティを使用してアクセスできます。

逆シリアル化とは、XML ドキュメントのインスタンスを読み取り、そのドキュメントの XML スキーマ (XSD) に厳密に型指定されたオブジェクトを構築する処理のことです。

逆シリアル化する前に、逆シリアル化の対象オブジェクトの型を使用して XmlSerializer を生成する必要があります。

XmlReader は、XML ドキュメントで指定されたエンコーディングを自動的に検出して使用します。

メモメモ :

XmlSerializer は、ArrayList の配列と List<T> の配列は逆シリアル化できません。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

XNA Framework

サポート対象 : Xbox 360、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft