この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

CMenu::CheckMenuRadioItem

 

指定されたメニュー項目をチェックし、ワイヤレスの項目にします。


      BOOL CheckMenuRadioItem(
   UINT nIDFirst,
   UINT nIDLast,
   UINT nIDItem,
   UINT nFlags 
);

nIDFirst

ラジオ ボタンのグループ ( nFlagsの値に応じて、ID またはオフセットとして)、最初のメニュー項目を指定します。

nIDLast

ラジオ ボタンのグループ ( nFlagsの値に応じて、ID またはオフセットとして)、最後のメニュー項目を指定します。

nIDItem

ラジオ ボタンによってチェックするグループ ( nFlagsの値に応じて、ID またはオフセットとして、項目) を指定します。

nFlags

nIDFirstnIDLastnIDItem の解釈を次のように指定します:

nFlags

解釈

MF_BYCOMMAND

パラメーターが既存のメニュー項目のコマンド ID を与えることを指定します。これは MF_BYCOMMANDMF_BYPOSITION 設定が既定値です。

MF_BYPOSITION

パラメーターが既存のメニュー項目の位置を与えることを指定します。最初の項目が 0 の位置にあります。

成功した場合は; は 0

同時に、関数は、関連付けられたグループの他のメニュー項目のすべてチェック ボックスをオフ、それらの項目のラジオ項目の種類のフラグをクリアします。チェックされた項目はラジオ ボタン (または行頭文字) ビットマップを使用してチェック マークのビットマップの代わりに表示されます。

ON_COMMAND_RANGEの例を参照してください。

必要条件

ヘッダー: afxwin.h

表示: