この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ServiceBase.Run メソッド (ServiceBase)

 

公開日: 2016年10月

サービス コントロール マネージャー (SCM) とサービスの実行可能ファイルを登録します。

名前空間:   System.ServiceProcess
アセンブリ:  System.ServiceProcess (System.ServiceProcess.dll 内)

public static void Run(
	ServiceBase service
)

パラメーター

service
Type: System.ServiceProcess.ServiceBase

A ServiceBase サービスを開始することを示します。

Exception Condition
ArgumentException

servicenull です。

このオーバー ロードを呼び出して、 main() 実行可能ファイルをサービス コントロール マネージャ サービスに登録をサービスの機能です。 呼び出した後 Run(ServiceBase), 、サービス コントロール マネージャーへの呼び出しで開始コマンドの発行、 OnStart 、サービスのメソッドです。 サービスは開始コマンドが実行されるまでは開始されません。

ServiceBase.Run と同様にメソッドが呼び出された Application.Run Windows フォーム アプリケーションです。

場合 AutoLogtrue, で、サービスが指定された場合に、イベント ログにエントリが書き込まれます、 service パラメーターの開始に失敗します。

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: