この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/F (スタック サイズの設定)

プログラムのスタック サイズをバイト単位で設定します。

/F number

number

スタック サイズのバイト数。

このオプションを指定しない場合、スタック サイズは既定で 1 MB に設定されます。 引数 number は、10 進表記または C 言語表記で指定できます。 この引数の範囲は、1 からリンカーの最大許容スタック サイズまでです。 指定した値は、4 バイト単位に切り上げられます。 /Fnumber の間の空白は省略可能です。

スタック オーバーフロー メッセージが返された場合は、スタック サイズを増やしてください。

スタック サイズは、次の方法で設定することもできます。

  • /STACK リンカー オプションを使用する。 詳細については、「/STACK」を参照してください。

  • .exe ファイルで EDITBIN を使用する。 詳細については、「EDITBIN リファレンス」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページをクリックします。

  4. [追加のオプション] ボックスにコンパイラ オプションを入力します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

表示: