この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

XmlWriterSettings.Indent プロパティ

 

公開日: 2016年10月

要素にインデントを設定するかどうかを示す値を取得または設定します。

名前空間:   System.Xml
アセンブリ:  System.Xml (System.Xml.dll 内)

public bool Indent { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Boolean

true 個々 の要素を書き込むを新しい行にインデントします。それ以外の場合、 falseです。 既定値は、false です。

このプロパティは、 XmlWriter インスタンスは、テキストの内容を出力をそれ以外の場合、この設定は無視されます。

要素に混合コンテンツが含まれていない限り、要素がインデントされます。 1 回、 WriteString または WriteWhitespace 混合要素コンテンツを記述するメソッドが呼び出された、 XmlWriter インデントを停止します。 インデントするには、混合コンテンツ要素を閉じた後が再開されます。

次の例を作成し、 XmlWriter インデントのタブ文字を使用するオブジェクト。

using System;
using System.IO;
using System.Xml;
using System.Text;

public class Sample {

  public static void Main() {

    XmlWriter writer = null;

    try {

       // Create an XmlWriterSettings object with the correct options. 
       XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();
       settings.Indent = true;
       settings.IndentChars = ("\t");
       settings.OmitXmlDeclaration = true;

       // Create the XmlWriter object and write some content.
       writer = XmlWriter.Create("data.xml", settings);
       writer.WriteStartElement("book");
       writer.WriteElementString("item", "tesing");
       writer.WriteEndElement();

       writer.Flush();

     } 
     finally  {
        if (writer != null)
          writer.Close();
     }
  } 
} 

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
2.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: