この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

XmlWriterSettings.CheckCharacters プロパティ

 

公開日: 2016年10月

XML ライターがチェック ドキュメント内のすべての文字が W3C の「2.2 文字」セクションに準拠するいることを確認するどうかを示す値を取得または XML 1.0 Recommendationします。

名前空間:   System.Xml
アセンブリ:  System.Xml (System.Xml.dll 内)

public bool CheckCharacters { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Boolean

true 文字をチェックします。それ以外の場合、 falseです。 既定値は、true です。

場合、 XmlWriter オブジェクトは、文字のチェックをサポートしている、任意の文字が W3C の「2.2 文字」セクションで指定された有効な XML 文字の範囲を超える場合は、例外をスロー XML 1.0 Recommendationします。

文字のチェックは、XML 名に無効な文字に関するチェックまたはすべての XML 名が有効であるかをチェックは含まれません。 これらのチェックの一致チェックの一部であり、常に実行します。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
2.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: