この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

XmlElementAttribute.ElementName プロパティ

 

公開日: 2016年10月

取得または生成された XML 要素の名前を設定します。

名前空間:   System.Xml.Serialization
アセンブリ:  System.Xml (System.Xml.dll 内)

public string ElementName { get; set; }

プロパティ値

Type: System.String

生成された XML 要素の名前。 既定値は、メンバー識別子です。

指定する ElementName する場合は、メンバーの識別子とは異なる生成された XML 要素の名前。

同じように設定することができます ElementName 値の 1 つ以上のクラスのメンバーに、生成された XML ドキュメントは、同じ名前を持つメンバーを区別する XML 名前空間を使用している場合。 XML ドキュメントに名前空間およびプレフィックスの付いた名を使用する方法の詳細については、「、 XmlSerializerNamespaces クラスです。

次の例のセット、 ElementName のプロパティ、 XmlElementAttribute を新しい値にします。

// This is the class that will be serialized.
public class XClass
{
   /* The XML element name will be XName
   instead of the default ClassName. */
   [XmlElement(ElementName = "XName")]
   public string ClassName;
} 

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: