情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

XmlArrayAttribute クラス

2013/12/12

XmlSerializer が特定のクラス メンバーを XML 要素の配列としてシリアル化する必要があることを指定します。

System.Object
  System.Attribute
    System.Xml.Serialization.XmlArrayAttribute

Namespace:  System.Xml.Serialization
アセンブリ:  System.Xml (System.Xml.dll 内)

[AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Field|AttributeTargets.Parameter|AttributeTargets.Property|AttributeTargets.ReturnValue, AllowMultiple = false)]
public class XmlArrayAttribute : Attribute

XmlArrayAttribute 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドXmlArrayAttribute()XmlArrayAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドXmlArrayAttribute(String)XmlArrayAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化し、XML ドキュメント インスタンスに生成される XML 要素名を指定します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティElementNameシリアル化された配列に与えられた、XML 要素の名前を取得または設定します。
パブリック プロパティFormXmlSerializer によって生成された XML 要素名が、修飾されているかどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティIsNullableXmlSerializer が、true に設定されている xsi:nil 属性を持つ空の XML 要素としてメンバーをシリアル化する必要があるかどうかを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティNamespaceXML 要素の名前空間を取得または設定します。
パブリック プロパティOrder要素のシリアル化または逆シリアル化を行う明示的な順序を取得または設定します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEqualsインフラストラクチャ。 対象のインスタンスが、指定したオブジェクトに等しいかどうかを示す値を返します。 (Attribute から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCodeこのインスタンスのハッシュ コードを返します。 (Attribute から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドMatch派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。 (Attribute から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

XmlArrayAttribute は、XmlSerializer がオブジェクトをシリアル化または逆シリアル化する方法を制御する一連の属性の 1 つです。

XmlArrayAttribute は、オブジェクトの配列、コレクション、または IEnumerable インターフェイスを実装するクラスを返すパブリック フィールドまたは読み取り/書き込みプロパティに適用できます。

クラス メンバーに XmlArrayAttribute を適用すると、XmlSerializer クラスの Serialize メソッドによって、入れ子になった XML 要素のシーケンスがこのメンバーから生成されます。XML スキーマ ドキュメント (.xsd ファイル) は、このような配列を complexType として示します。たとえば、シリアル化するクラスが発注書を表す場合は、発注品目を表すオブジェクトの配列を返すパブリック フィールドに XmlArrayAttribute を適用すると、購入された品目の配列を生成できます。

複合型またはプリミティブ型のオブジェクトの配列を返すパブリック フィールドまたはプロパティにどの属性も適用されない場合、既定では XmlSerializer が入れ子になった XML 要素のシーケンスを生成します。生成される XML 要素についてさらに詳細に制御するには、フィールドまたはプロパティに XmlArrayItemAttributeXmlArrayAttribute を適用します。たとえば、既定では、生成される XML 要素の名前はメンバー識別子から派生します。ElementName プロパティを設定すると、生成される XML 要素名を変更できます。

指定された型の項目およびこの型から派生したすべてのクラスを格納している配列をシリアル化するには、XmlArrayItemAttribute を使用してそれぞれの型を宣言する必要があります。

メモメモ:

コードでは、XmlArrayAttribute の代わりに XmlArray という短い語を使用できます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示: