この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

NameTable クラス

 

公開日: 2016年10月

シングル スレッドを実装する XmlNameTableです。

名前空間:   System.Xml
アセンブリ:  System.Xml (System.Xml.dll 内)

System.Object
  System.Xml.XmlNameTable
    System.Xml.NameTable

public class NameTable : XmlNameTable

名前説明
System_CAPS_pubmethodNameTable()

NameTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAdd(Char[], Int32, Int32)

指定した文字列によって分解処理され、それを追加、 NameTableです。(XmlNameTable.Add(Char[], Int32, Int32) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodAdd(String)

指定した文字列によって分解処理され、それを追加、 NameTableです。(XmlNameTable.Add(String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGet(Char[], Int32, Int32)

指定した配列内の文字の指定した範囲と同じ文字を含む分解された文字列を取得します。(XmlNameTable.Get(Char[], Int32, Int32) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGet(String)

指定した値分解された文字列を取得します。(XmlNameTable.Get(String) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

などのいくつかのクラス XmlDocumentXmlReader, を使用して、 NameTable 属性と要素の名前を格納する内部クラス。 要素名または属性名が XML ドキュメントに複数回、出現した場合は、NameTable に 1 回だけ格納されます。

名前は、共通言語ランタイム (CLR) オブジェクト型として格納されます。 これにより、負荷の高い文字列比較ではなく、これらの文字列でオブジェクト比較を実行できます。 これらの文字列オブジェクトは、アトム化された文字列と呼ばれます。

次の例では、2 つの要素名を比較します。


NameTable nt = new NameTable();
object book = nt.Add("book");
object price = nt.Add("price");

// Create the reader.
XmlReaderSettings settings = new XmlReaderSettings();
settings.NameTable = nt;
XmlReader reader = XmlReader.Create("books.xml", settings);

reader.MoveToContent();
reader.ReadToDescendant("book");

 if (System.Object.ReferenceEquals(book, reader.Name)) {
     // Do additional processing.
 }

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: