このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

ValidationErrorCollection クラス

ValidationError オブジェクトのコレクションを格納します。

System.Object
  System.Collections.ObjectModel.Collection<ValidationError>
    System.Workflow.ComponentModel.Compiler.ValidationErrorCollection

名前空間:  System.Workflow.ComponentModel.Compiler
アセンブリ:  System.Workflow.ComponentModel (System.Workflow.ComponentModel.dll 内)

[SerializableAttribute]
public sealed class ValidationErrorCollection : Collection<ValidationError>

ValidationErrorCollection 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドValidationErrorCollection() ValidationErrorCollection クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドValidationErrorCollection(IEnumerable<ValidationError>) ValidationErrorCollection クラスの新しいインスタンスを初期化します。ValidationError 型の IEnumerable コレクションを引数として指定します。
パブリック メソッドValidationErrorCollection(ValidationErrorCollection) ValidationErrorCollection を使用して、ValidationErrorCollection クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティCount Collection<T> に実際に格納されている要素の数を取得します。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック プロパティHasErrorsコンパイル エラーを示す ValidationError オブジェクトがコレクション内にあるかどうかを示します。
パブリック プロパティHasWarningsこのプロパティは、ValidationErrorCollection に、コンパイル警告を示す ValidationError オブジェクトが 1 つ以上含まれているかどうかを示します。
パブリック プロパティItem指定したインデックスにある要素を取得または設定します。 (Collection<T> から継承されます。)
プロテクト プロパティItems Collection<T> をラップする IList<T> ラッパーを取得します。 (Collection<T> から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAdd Collection<T> の末尾にオブジェクトを追加します。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドAddRange列挙可能な要素のコレクションを、コレクションの末尾にコピーします。
パブリック メソッドClear Collection<T> からすべての要素を削除します。 (Collection<T> から継承されます。)
プロテクト メソッドClearItems Collection<T> からすべての要素を削除します。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドContainsある要素が Collection<T> 内に存在するかどうかを判断します。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドCopyTo Collection<T> 全体を互換性のある 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、コピー先の配列の指定したインデックスから始まります。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetEnumerator Collection<T> を反復処理する列挙子を返します。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドIndexOf指定したオブジェクトを検索し、Collection<T> 全体内で最初に見つかった位置の 0 から始まるインデックスを返します。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドInsert Collection<T> 内の指定したインデックスの位置に要素を挿入します。 (Collection<T> から継承されます。)
プロテクト メソッドInsertItem Collection<T> 内の指定したインデックスの位置に要素を挿入します。 (Collection<T> から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドRemove Collection<T> 内で最初に見つかった特定のオブジェクトを削除します。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドRemoveAt Collection<T> の指定したインデックスにある要素を削除します。 (Collection<T> から継承されます。)
プロテクト メソッドRemoveItem Collection<T> の指定したインデックスにある要素を削除します。 (Collection<T> から継承されます。)
プロテクト メソッドSetItem指定したインデックス位置にある要素を置き換えます。 (Collection<T> から継承されます。)
パブリック メソッドToArrayこのコレクションに含まれるすべての ValidationError オブジェクトを格納する配列の新しいインスタンスを返します。
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドICollection.CopyTo ICollection の要素を Array にコピーします。Array の特定のインデックスからコピーが開始されます。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート プロパティICollection<T>.IsReadOnly ICollection<T> が読み取り専用であるかどうかを示す値を取得します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート プロパティICollection.IsSynchronized ICollection へのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート プロパティICollection.SyncRoot ICollection へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIEnumerable.GetEnumeratorコレクションを反復処理する列挙子を返します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIList.Add IList に項目を追加します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIList.Contains IList に特定の値が格納されているかどうかを判断します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIList.IndexOf指定した項目の IList 内でのインデックスを調べます。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIList.Insert IList 内の指定したインデックスの位置に項目を挿入します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート プロパティIList.IsFixedSize IList が固定サイズかどうかを示す値を取得します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート プロパティIList.IsReadOnly IList が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート プロパティIList.Item指定したインデックスにある要素を取得または設定します。 (Collection<T> から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドIList.Remove IList 内で最初に見つかった特定のオブジェクトを削除します。 (Collection<T> から継承されます。)
このページのトップへ

次の例は、カスタム検証ルーチンの一部として、検証エラーおよびそのコレクションを作成して操作する方法を示しています。

このコード例は、SendEMailActivity.cs ファイルから抜粋した電子メール送信の SDK サンプルの一部です。詳細については、「Send Mail Activity」を参照してください。


private void ValidateEmailProperties(ValidationErrorCollection validationErrors, SendEmailActivity activity)
{
    // Validate the To property
    if (String.IsNullOrEmpty(activity.To))
    {
        validationErrors.Add(ValidationError.GetNotSetValidationError(SendEmailActivity.ToProperty.Name));

    }
    else if (!activity.To.Contains("@"))
    {
        validationErrors.Add(new ValidationError("Invalid To e-mail address", InvalidToAddress, false, SendEmailActivity.ToProperty.Name));

    }

    // Validate the From property
    if (String.IsNullOrEmpty(activity.From))
    {
        validationErrors.Add(ValidationError.GetNotSetValidationError(SendEmailActivity.FromProperty.Name));
    }
    else if (!activity.From.Contains("@"))
    {
        validationErrors.Add(new ValidationError("Invalid From e-mail address", InvalidFromAddress, false, SendEmailActivity.FromProperty.Name));

    }
}


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft