この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

UIElement.UpdateLayout メソッド

この要素のすべての子ビジュアル要素のレイアウトが正常に更新されるようにします。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public void UpdateLayout()

このメソッドを呼び出すと、IsMeasureValidfalse であるか IsArrangeValidfalse である要素が、要素固有の MeasureCore メソッドと ArrangeCore メソッドを呼び出します。これにより、レイアウトが強制的に更新され、計算されたすべてのサイズが有効になります。

レイアウトが変更されていない場合や、レイアウトの配置状態も測定状態のいずれも無効でない場合は、このメソッドを呼び出しても効果はありません。 ただし、レイアウトのいずれかの状態が無効の場合、UpdateLayout の呼び出しによってレイアウト全体がやり直されます。 したがって、要素ツリー内の小さな増分変更のたびに UpdateLayout を呼び出さないようにしてください。 レイアウト システムは、パフォーマンスと最新状態のバランスを取るアルゴリズムと、すべての子要素が有効になるまでルートに対する変更を遅らせる重み付け手法を使用して、要素のレイアウト処理を遅延実行します。 サイズと位置の更新がどうしても必要な場合にのみ、レイアウトに影響する可能性のある制御対象プロパティへの変更がすべて完了したことを確認してから、UpdateLayout を呼び出してください。

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: