情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UIElement.RenderTransform プロパティ

2013/12/12

UIElement の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。

Namespace:  System.Windows
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public Transform RenderTransform { get; set; }
<uiElement>
  <uiElement.RenderTransform>
    singleTransform
  </uiElement.RenderTransform>
</uiElement>

XAML 値

singleTransform

Transform から派生するオブジェクトの 1 つだけのオブジェクト要素。これは通常、Windows Phone によって定義される次の変換のいずれかです。RotateTransformScaleTransformSkewTransformTranslateTransformMatrixTransformTransformGroup。ここでは TransformGroup を使用して、TransformGroup の子オブジェクト要素を定義することにより、複数の変換を適用できます。TransformGroup については「XAML 値」を参照してください。また、カスタム変換は、MatrixTransform から派生する場合があります。

プロパティ値

型: System.Windows.Media.Transform
目的の描画変換の詳細を記述します。既定値は null です。

依存関係プロパティの識別子フィールド:  RenderTransformProperty

Transform オブジェクトには、単一の種類の変換 (RotateTransform など) または TransformGroup を指定できます。TransformGroup は個別の変換ではなく、XAML でマークアップの子として、またはコードで変換項目を Children コレクションに追加することで、RenderTransform の複数の変換を指定できるコンテナーです。

オブジェクトのローカル 0,0 は、Canvas.LeftCanvas.Top を使用して Canvas 上でオフセットできますが、この操作は変換とは見なされません。この場合は変換が目的のため、オブジェクトは独自のローカル 0,0 を保持します。

また、RenderTransformOrigin を使用して、描画変換の原点をオフセットすることもできます。

次の XAML は、RenderTransform として四角形に適用される MatrixTransform のデータを提供する Matrix を定義します。この場合、オフセット (OffsetX および OffsetY) と傾斜 (M12) が行列によって組み合わされます。これと同じ効果は、TranslateTransformSkewTransform を組み合わせることによって作成することもできます。単一の Matrix を使用するか、別々の変換の組み合わせ (TransformGroup) を使用するかはコーディング スタイルの問題であり、どちらを使用しても、結果はまったく同じです。


<Rectangle Width="60" Height="60" Fill="Blue">
  <Rectangle.RenderTransform>
    <MatrixTransform>
      <MatrixTransform.Matrix >

        <!-- This matrix transforms the x,y position of
             the rectangle and skews it. -->
        <Matrix OffsetX="30" OffsetY="100" M12="0.5" />
      </MatrixTransform.Matrix>
    </MatrixTransform>
  </Rectangle.RenderTransform>

</Rectangle>


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: