この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

UIElement.RenderSize プロパティ

UIElement の最終的な描画サイズを取得します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public Size RenderSize { get; }

プロパティ値

型 : System.Windows.Size
このオブジェクトの描画サイズ。 既定値はありません。

一般に、RenderSize は、UI 要素に関するサイズ情報を取得するためのプロパティではありません。 通常の UI の用途では、ActualHeight または ActualWidth が使用されます。また、使用されるタイミングも、オブジェクトの有効期間中、そのレイアウトが完了するいずれかの時点に限られます。 レイアウト メソッドをオーバーライドする用途には、DesiredSize を使用してください。

WPF では、Visual を使った深層レベルのグラフィック実装で、UIElement を処理するためのコネクション ポイントとして、このプロパティを役立てることができます。 Silverlight では、同様の深層レベルのグラフィック API や Visual クラスが公開されておらず、このプロパティを使用するシナリオは限られています。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示: