このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

UIElement.RenderSize プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

この要素の最終的な描画サイズを取得 (または設定) します (設定については、「解説」を参照してください)。

名前空間 :  System.Windows
アセンブリ :  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/xaml/presentation

public Size RenderSize { get; set; }
/** @property */
public Size get_RenderSize()
/** @property */
public  void set_RenderSize(Size value)

public function get RenderSize () : Size
public function set RenderSize (value : Size)

                    このプロパティは XAML で設定しないでください。「解説」を参照してください。
                

プロパティ値

型 : System.Windows.Size

この要素の描画サイズ。

重要 :

WPF フレームワーク レベルのレイアウト システムを使用する場合は、このプロパティを XAML またはコードで設定しようとしないでください。ほぼすべての一般的なアプリケーション シナリオでは、このレイアウト システムが使用されます。このレイアウト システムでは、RenderSize プロパティで直接設定されたサイズが考慮されません。RenderSize プロパティは、Adorner クラスのサポートなど、一般的なレイアウト プロトコルを意図的に回避する WPF コア レベルのブリッジを実現することだけを目的として、書き込み可能として宣言されています。

このプロパティを使用して、OnRenderGetLayoutClip などのレイアウト システム オーバーライド内で、適用可能な描画サイズを確認できます。

さらに一般的なシナリオでは、SizeChanged イベントを、クラス ハンドラ オーバーライドまたは OnRenderSizeChanged イベントで処理します。

Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0
表示: