この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

UIElement.OnPreviewStylusInAirMove メソッド (StylusEventArgs)

 

公開日: 2016年10月

ハンドルされない Stylus.PreviewStylusInAirMove 添付イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

abstract OnPreviewStylusInAirMove : 
        e:StylusEventArgs -> unit
override OnPreviewStylusInAirMove : 
        e:StylusEventArgs -> unit

パラメーター

e
Type: System.Windows.Input.StylusEventArgs

イベント データを格納している StylusEventArgs

このメソッドには、既定の実装ではありません。 継承の中間クラスでは、このメソッドを実装があるため、実装の基本実装を呼び出すことをお勧めします。

このメソッドの目的がに似ていますが、 共通言語ランタイム (CLR) でのイベント パターン * 方法: このメソッドは、インスタンス ハンドラーではなくクラスのハンドラーを確立することによって派生クラスから一致するイベントを処理するための手段を提供します。 ここで一致するイベントは、ルーティングされたイベントです。 On のメソッドの実装パターンは、ルーティングされたイベントは、必ずしもハンドラーを呼び出す要素ではない子要素によって生成できるためにルーティングされたイベントに異なります。 そのため、実装では、イベント データのソースのプロパティを点検する必要があります。 ほとんどの場合、イベントが再発生しないでください。

このメソッドをオーバーライドすることで、または登録することでクラスのハンドラーを RegisterClassHandler, の派生クラス UIElement イベントがイベントのルートの途中受信したときに、プライベート クラス ハンドラー メソッドを呼び出すことができます。 クラスの処理が適切では 1 つのシナリオでは、イベント データを操作し、ルーティングされたイベントを処理済みとしてマークします。 プレビュー イベントが具体的には、別のシナリオでは、対応するバブル クラス ハンドラーが呼び出されないように処理済みとしてマークします。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: