このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

UIElement.OnCreateAutomationPeer メソッド

Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャの、クラス固有の AutomationPeer 実装を返します。

名前空間: System.Windows
アセンブリ: PresentationCore (presentationcore.dll 内)

protected virtual AutomationPeer OnCreateAutomationPeer ()
protected AutomationPeer OnCreateAutomationPeer ()
protected function OnCreateAutomationPeer () : AutomationPeer
メソッドは XAML では使用できません。

戻り値

型固有の AutomationPeer 実装。

継承元へのメモ : 通常、このメソッドの実装では、特定の AutomationPeer 実装のコンストラクタを呼び出し、戻り値としてこれを返します。 すべての UIElement 派生クラスは、独自の AutomationPeer 実装を Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャに提供するために、このメソッドを実装する必要があります。このパターンの実装の詳細については、AutomationPeer のトピックを参照してください。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0
表示: