このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

UIElement.OnCreateAutomationPeer メソッド

Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャの、クラス固有の AutomationPeer 実装を返します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

protected virtual AutomationPeer OnCreateAutomationPeer()

継承時の注意

通常、このメソッドの実装では、特定の AutomationPeer 実装のコンストラクターを呼び出し、戻り値としてこれを返します。

すべての UIElement 派生クラスは、独自の AutomationPeer 実装を Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャに提供するために、このメソッドを実装する必要があります。 このパターンの実装の詳細については、AutomationPeer のトピックを参照してください。

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft