このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

UIElement.MouseLeftButtonUp イベント

マウス ポインタがこの要素上にあるときにマウスの左ボタンが離されると発生します。

名前空間: System.Windows
アセンブリ: PresentationCore (presentationcore.dll 内)
XML 名前空間 :  http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation

public event MouseButtonEventHandler MouseLeftButtonUp
/** @event */
public final void add_MouseLeftButtonUp (MouseButtonEventHandler value)

/** @event */
public final void remove_MouseLeftButtonUp (MouseButtonEventHandler value)

JScript では、このクラスで定義されているイベントを処理できます。ただし、独自のイベントは定義できません。
<object MouseLeftButtonUp="MouseButtonEventHandler" .../>

識別子フィールド

MouseLeftButtonUpEvent

ルーティング方法

Direct

デリゲート

MouseButtonEventHandler

  • このイベントのクラス処理を派生クラスに実装するには、OnMouseLeftButtonUp をオーバーライドします。

このルーティング イベントは、要素ツリーを通じてバブル ルートに従うように思われますが、実際には直接ルーティング イベントであり、これは各 UIElement により要素ツリーに沿って発生および再発生します。

このイベントは、基になる Mouse.MouseUp イベントのマウス ボタン固有の情報を報告する複数の関連イベントの 1 つです。MouseDown イベントはアタッチされたイベントであり、イベント ルート上で各要素によって処理されます。

このイベントのイベント データは、基になる Mouse.MouseUp イベントのイベント データを公開します。このイベントがイベント ルート上で処理済としてマークされていても、マウス ボタン固有イベントは発生します。ただし、イベントのリスナであるためには、既に処理済としてマークされているイベントを処理するオプションを使用して明示的に AddHandler を呼び出すことにより、マウス ボタン固有イベントのハンドラを追加する必要があります。MouseLeftButtonUp を処理済みとしてマークする場合、基本的に、ルート上のすべてのリスナに対し、関連するすべてのイベントについて、Mouse.MouseUp を処理済みとしてマークすることになります。

概念上、このイベント (および UIElement のその他のマウス ボタン イベント) は、(Mouse クラスによって提供されるサービス定義を持つ) マウス "サービス" と考えることができます。このイベントには、イベント データに含まれる元のマウス イベントのマウス ボタン状態 (左ボタン/右ボタン、押されていない/押された状態) をチェックする必要がないという利点があります。非標準ボタンの状態のチェックなど、より高度なシナリオでは、UIElement ではなく Mouse クラスで API を使用することが必要になる場合もあります。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0
表示: