この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

UIElement.MouseLeftButtonDown イベント

 

公開日: 2016年11月

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public event MouseButtonEventHandler MouseLeftButtonDown

これは、次の要素ツリーを通じてバブル ルーティングするよう、実際には直接ルーティングされたイベントが発生し、要素ツリーに沿った各が再度発生する UIElementです。

このイベントは、基になるのマウス ボタンの詳細を報告する複数の関連イベントの 1 つ Mouse.MouseDown イベント ルート上の各要素によって処理されるアタッチされるイベントはイベントです。

このイベントのイベント データは、基になるイベントのデータを公開 Mouse.MouseDown イベントです。 そのイベントがイベントのルートに沿って処理済みとしてマークすると、マウス ボタンの特定のイベントも発生します。ただし、明示的に呼び出すことによって、マウス ボタンの特定のイベント ハンドラーを追加する必要があります AddHandler, 、イベント リスナーをするために、処理済みとしてマークされているイベントを処理するオプションを使用します。 マークした場合 MouseLeftButtonDown 、処理は本質的にマークして Mouse.MouseDown 経路では、さらにすべてのリスナーに対して処理され、すべての関連するイベントです。 場合によってクラス ハンドラーが生成されるイベントに関する情報もなど MouseDoubleClickします。

概念的には、このイベントと考える (とその他のマウス ボタンのイベントの UIElement) マウス"service"である (によって提供されるサービス定義で、 Mouse クラス)。 イベントは、イベント データの元のマウス イベントのマウス ボタンの状態 (左から右アップダウン) を確認する必要がないという利便性を追加します。 非標準のボタンの状態の確認などの高度なシナリオを使用する必要があります、 API 上、 Mouse のものではなくクラス UIElementします。

System_CAPS_important重要

一部のコントロール クラスには、固有のクラスのマウス ボタンのイベント処理があります。 イベントをマウスの左ボタンは、クラス、コントロールの処理が最も可能性の高いイベントです。 クラスの多くの場合、処理が、基になるをマーク Mouse クラス イベントを処理します。 イベントが処理済みとマークされるとその要素に関連付けられている他のインスタンスのハンドラーは通常は発生しません。 その他のクラスまたはインスタンス ハンドラー、バブルに向かう方向 UI ツリーのルート内の要素に関連付けられている通常も発生します。

前の「重要」に説明されている問題を解決し、それでも MouseLeftButtonDown クラスによるこれらソリューションのいずれかの処理を含む派生クラスでイベントをマウスの左ボタンのイベント。

  • ハンドラーのアタッチ、 PreviewMouseDown コントロールによって処理済みとマークされていないイベント。 これはプレビュー イベントであるため、ルート ルートから始まり、コントロールまでトンネルに注意してください。

  • 呼び出して、コントロールのハンドラーを手続き的登録 AddHandler ハンドラーにルーティングされたイベント データの処理としてマークされている場合でも、イベントをリッスンできる署名オプションを選択します。

識別子のフィールド

MouseLeftButtonDownEvent

ルーティング方法

直接

デリゲート

MouseButtonEventHandler

  • オーバーライド OnMouseLeftButtonDown クラスの派生クラスでは、このイベントの処理を実装します。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: