この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

UIElement.Measure メソッド (Size)

 

公開日: 2016年10月

UIElementDesiredSize を更新します。 親要素は、独自の MeasureCore 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドの呼び出しは、レイアウト更新の最初のパス (「メジャー」パス) となります。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public void Measure(
	Size availableSize
)

パラメーター

availableSize
Type: System.Windows.Size

親要素が子要素を割り当てることができる使用可能な領域。 子要素は使用可能な空間よりも大きな空間を要求できます。現在の要素のコンテンツ モデルでスクロールが可能な場合、指定されたサイズに対応できる可能性があります。

レイアウトの配置で計算 Windows Presentation Foundation (WPF) から成ります、 Measure を呼び出すと、 Arrange を呼び出します。 中に、 Measure 要素の呼び出しを使用してそのサイズ要件を決定する、 availableSize 入力します。 中に、 Arrange 要素のサイズの呼び出しが終了します。

availableSize 無限にゼロから任意の数を指定できます。 レイアウトに参加している要素は、最小値を返す必要があります Size が必要とする指定された availableSizeします。

常に受信レイアウトが初めてインスタンス化されたときに、 Measure 前に呼び出す Arrangeします。 ただし、最初のレイアウト パスに受け取ることがあります、 Arrange せずに呼び出す、 Measure; これは発生する場合のみに影響を与えるプロパティ Arrange (配置) などが変更された親を受信すると、または、 Arrange せず、 Measureです。 A Measure 呼び出しが自動的に無効になる、 Arrange 呼び出します。

レイアウトの更新は、あらゆるレイアウトの変更のメイン スレッドが待機していないように、非同期的に発生します。 分離コードのプロパティの値のチェックを使用して要素のクエリを実行しても、そのサイズ変更またはレイアウトの特性と対話するプロパティの変更がすぐに反映可能性がありますされない (、 Width プロパティなど)。

System_CAPS_noteメモ

使用してレイアウトの更新を適用することができます、 UpdateLayout メソッドです。 ただし、このメソッドを呼び出すことは通常必要はありません、パフォーマンスの低下が発生することができます。

レイアウト システムは 1 つずつ無効なレイアウトの 2 つの異なるキュー Measure とに 1 つずつ Arrangeします。 レイアウト キューはレイアウトを実行する要素のビジュアル ツリーにおける要素の順序に基づいて並べ替えられますツリーの上位の要素は、親の変更を繰り返すことによって、冗長なレイアウトを避けるために、キューの上部にです。 重複したエントリは、キューから自動的に削除され、レイアウト検証は既に要素も、キューから自動的に削除します。

レイアウトを更新するときに、 Measure キューが最初に、空に続けて、 Arrange キューです。 内の要素、 Arrange 内の要素がある場合、キューは配置しないで、 Measure キューです。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: