このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

UIElement.ManipulationStarted イベント

入力デバイスで UIElement オブジェクトの操作を開始すると発生します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

public event EventHandler<ManipulationStartedEventArgs> ManipulationStarted
<object ManipulationStarted="EventHandler<ManipulationStartedEventArgs>" .../>

ManipulationStarting イベントは、ManipulationStarted イベントの後に発生します。ManipulationStartedEventArgs を使用して、次の操作を行うことができます。

  • ManipulationContainer プロパティを使用して、操作の位置に関連する要素を取得します。

  • ManipulationOrigin プロパティを使用して、操作の原点を取得します。

  • Complete メソッドを呼び出すことにより、操作を取り消します。

操作の詳細については、「入力の概要」を参照してください。操作に応答するアプリケーションの例については、「チュートリアル: 初めてのタッチ アプリケーションの作成」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft