この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

UIElement.ManipulationStarted イベント

入力デバイスで UIElement オブジェクトの操作を開始すると発生します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)
XAML の XMLNS: http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

public event EventHandler<ManipulationStartedEventArgs> ManipulationStarted
<object ManipulationStarted="EventHandler<ManipulationStartedEventArgs>" .../>

識別子フィールド

ManipulationStartedEvent

ルーティング方法

バブル

デリゲート

ManipulationStartedEventArgs 型の EventHandler<TEventArgs>

ManipulationStarting イベントは、ManipulationStarted イベントの後に発生します。 ManipulationStartedEventArgs を使用して、次の操作を行うことができます。

  • ManipulationContainer プロパティを使用して、操作の位置に関連する要素を取得します。

  • ManipulationOrigin プロパティを使用して、操作の原点を取得します。

  • Complete メソッドを呼び出すことにより、操作を取り消します。

操作の詳細については、「入力の概要」を参照してください。 操作に応答するアプリケーションの例については、「チュートリアル: 初めてのタッチ アプリケーションの作成」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象: 4

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: