この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

UIElement.InvalidateMeasure メソッド ()

 

公開日: 2016年10月

要素の測定状態 (レイアウト) を無効にします。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public void InvalidateMeasure()

また呼び出しでこのメソッドを呼び出す InvalidateArrange 内部的を呼び出す必要はありません InvalidateMeasureInvalidateArrange を連続しています。 無効化、要素が作成されますしない限り、非同期的に発生するレイアウト更新 UpdateLayout 同期レイアウトの変更を強制的に呼び出されます。

WPF フレームワーク レベル レイアウト システムは、要素のビジュアル ツリー内の変更の処理を行い、レイアウト システムが必要な場合にこのメソッドの同等機能を呼び出す最も一般的なレイアウトの無効化の場合。 直接操作する要素のツリーまたはのようなシナリオを高度なレイアウトの完全な実装を作成する場合にのみ、このメソッドを呼び出す必要があります。 このような高度なシナリオの 1 つは、作成するかどうかは、 PropertyChangedCallback に含まれていない依存関係プロパティの Freezable または FrameworkElement が変更されたときに、レイアウトの測定のパスをまだに影響を与えるクラスを派生します。

呼び出しを頻繁に InvalidateMeasure または特にに UpdateLayout 大幅なパフォーマンスへの影響です。 したがって、他の後続の呼び出しの正確なレイアウト状態が絶対に必要とされないかぎり、このメソッドを呼び出す API コードにします。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: