エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UIElement.Clip プロパティ

2013/12/12

UIElement のコンテンツのアウトラインの定義に使用する Geometry を取得または設定します。

Namespace:  System.Windows
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public Geometry Clip { get; set; }
<uiElement>
  <uiElement.Clip>
    singleGeometry
  </uiElement.Clip>
</uiElement>

XAML 値

singleGeometry

Geometry から派生するオブジェクトの 1 つだけのオブジェクト要素。これは通常、Windows Phone によって定義される次のクラスのいずれかです。EllipseGeometry, GeometryGroup, LineGeometry, PathGeometry, RectangleGeometry.

プロパティ値

型: System.Windows.Media.Geometry
クリッピング領域のサイズ設定に使用するジオメトリ。既定値は null です。

依存関係プロパティの識別子フィールド:  ClipProperty

ジオメトリの外の UIElement は、レンダリングされたレイアウトでは視覚的にクリップされます。ジオメトリは四角形である必要はありません。

クリップされる領域は、ジオメトリの "外側" になります。つまり、(クリップされるのではなく) 表示されるコンテンツは、クリッピング対象のデータではなく、Path 用のデータとしてジオメトリが使用された場合に Fill が設定されているジオメトリの領域にあるコンテンツです。クリップされた領域は、ジオメトリ オーバーレイの外にあるいずれかの領域です。複雑なジオメトリの場合、領域は、クリップされているかどうかに関係なく、ジオメトリの FillRule の影響を受けます。

LineGeometry を使用してクリッピングしただけでは、線がディメンションを持たないため、全体がクリッピングされます。EllipseGeometryGeometryGroup、または RectangleGeometry は、多くの場合最も簡単に使用できますが、より複雑な結果を得るために PathGeometry を使用することもできます。

値として単一の GeometryGroup を指定し、子のジオメトリにそのグループを設定する場合、Clip に複雑なジオメトリを指定できます。

UIElement の一部のみを視覚的に示す別の方法では、透過マスクを使用する RadialGradientBrush または ImageBrush を使用して、OpacityMask を使用します。OpacityMask の手法を使用する場合、背景に対して "裁ち落とし" 効果を作成できます。Clip では、クリップが適用された場所が必ずハード エッジになります。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2015 Microsoft