この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Style クラス

 

プロパティ、リソース、およびイベント ハンドラーの種類のインスタンス間での共有が有効化します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)


[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.Ignore)]
[DictionaryKeyPropertyAttribute("TargetType")]
[ContentPropertyAttribute("Setters")]
public class Style : DispatcherObject, INameScope, IAddChild, 
	IQueryAmbient

名前説明
System_CAPS_pubmethodStyle()

Style クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodStyle(Type)

新しいインスタンスを初期化、 Style 、指定した上で使用するクラス Typeします。

System_CAPS_pubmethodStyle(Type, Style)

新しいインスタンスを初期化、 Style 、指定した上で使用するクラス Type に基づいて、指定したと Styleです。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyBasedOn

取得または現在のスタイルの基盤となっている定義済みのスタイルを設定します。

System_CAPS_pubpropertyDispatcher

取得、 Dispatcher この DispatcherObject に関連付けられています。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsSealed

スタイルが読み取り専用変更できないかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyResources

取得または、このスタイルのスコープ内で使用できるリソースのコレクションを設定します。

System_CAPS_pubpropertySetters

コレクションを取得 SetterEventSetter オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyTargetType

取得またはこのスタイルが対象となる型を設定します。

System_CAPS_pubpropertyTriggers

コレクションを取得 TriggerBase 指定された条件に基づいて、プロパティの値を適用するオブジェクト。

名前説明
System_CAPS_pubmethodCheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこれにアクセスをサポートしているかどうかを決定 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

この Style のハッシュ コードを返します。(Object.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRegisterName(String, Object)

現在のスコープ内には、新しい名前とオブジェクトのペアを登録します。

System_CAPS_pubmethodSeal()

変更することはできませんので、このスタイルとファクトリとトリガーをロックします。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodUnregisterName(String)

名前スコープからオブジェクトの名前のマッピングを削除します。

System_CAPS_pubmethodVerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがへのアクセスを持つことを強制DispatcherObjectです。(DispatcherObject から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIAddChild.AddChild(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 子オブジェクトを追加します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIAddChild.AddText(String)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 オブジェクトにノードのテキスト コンテンツを追加します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodINameScope.FindName(String)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 指定された識別名を持つオブジェクトを返します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIQueryAmbient.IsAmbientPropertyAvailable(String)

現在のスコープ内の指定されたアンビエント プロパティが使用できるかどうかを照会します。

設定することができます、 Style から派生した任意の要素で FrameworkElement または FrameworkContentElementです。 スタイルが最もよく内にリソースとして宣言されている、 Resources セクションです。 スタイルはリソースであるため、すべてのリソースに適用されるスコープの規則に従いますスタイルの適用場所に影響を宣言する場所です。 たとえば、アプリケーション定義のルート要素にスタイルを宣言する場合は、 XAML ファイル、スタイルは、アプリケーションのどこにでも使用できます。 ナビゲーション アプリケーションを作成するし、スタイルのアプリケーションのいずれかで宣言 XAML するだけで、ファイル、スタイルを使用できます XAML ファイルです。 スコープのリソースの規則の詳細については、次を参照してください。 XAML リソースします。

スタイルの宣言から成る、 Style を 1 つまたは複数のコレクションを含むオブジェクト Setter オブジェクトです。Setter から成る、 PropertyValueです。 プロパティは、要素のスタイルのプロパティの名前に適用します。 リソースとしてスタイルを宣言したら、他のリソースと同じように、参照できます。

System_CAPS_noteメモ

同じ set アクセス操作子コレクションの 1 つ以上の set アクセス操作子があるかどうか Property 最後プロパティの値、宣言されている set アクセス操作子に使用されます。 同様に、同じプロパティの値のスタイルでとを設定した要素に直接直接要素で設定された値が優先されます。

Windows Presentation Foundation (WPF) スタイルとテンプレートのモデルでは、プレゼンテーションとロジックの分離だけでなく、外観の保守や共有します。 スタイルとテンプレートのモデルには、カスタマイズするための機能のセットが含まれる、 UIです。 この機能のスイートを含む、 Style 次クラスします。

詳細については、「スタイルとテンプレート」を参照してください。

次の例では、スタイル宣言に影響を与える、 Background のプロパティ、 Controlです。

上記のスタイルを適用するには、次の操作を行います。

使用して、指定された型のすべての要素にスタイルを適用することもできる、 TargetType プロパティです。 スタイルに対象の型を追加するに設定するプロパティを完全に修飾する必要が不要になった、 ClassName.PropertyName 構文です。 次の例に適用されるたびにスタイルを定義する TextBlock 要素。

System_CAPS_noteメモ

多く WPF コントロールは、その他の組み合わせで構成されます WPF 型のすべてのコントロールに適用されるスタイルを作成するためのコントロールには、広範な影響を与えます。 インスタンスを対象とするスタイルを作成する場合、 TextBlock コントロールで、 Canvas, 、スタイルはすべてに適用 TextBlock キャンバス内のコントロール場合でも、 TextBlock など、他のコントロールの一部では、 ListBoxです。

拡張または定義済みのスタイルを継承する方法については、次を参照してください。、 BasedOn ページです。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: