MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

RoutedEvent クラス

2013/12/12

Windows Phone イベント システムへのルーティング イベントを表します。

System.Object
  System.Windows.RoutedEvent

Namespace:  System.Windows
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public sealed class RoutedEvent

RoutedEvent 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToStringルーティング イベントの文字列形式を返します。 (Object.ToString() をオーバーライドします。)
このページのトップへ

WPF では、RoutedEvent クラスはルーティング方法などの追加情報を保持します。Windows Phone では、この情報はルーティング イベントには必要ありません。Windows Phone では、バブル ルート イベントのルーティング手法のみがサポートされ、トリガーの使用にイベント識別子は必要ありません。これは、トリガーの使用が、Loaded の場合に制限されているためです。したがって、Windows Phone では通常、ルーティング イベントが XAML において名前で識別され、識別子フィールドは必要ありません。

Windows Phone での RoutedEvent クラスの主な使用法は、イベント データの Handled プロパティが true である場合でも、ルーティング イベントのハンドラーの呼び出しに使用できるイベント処理手法をサポートすることです。この状況が存在するのは、コントロール クラスの実装が、ロジックの一部として入力イベントを処理することがあるためです。コントロールの特定のインスタンスでは、一般的でないシナリオでこのようなイベントを処理することが望ましい場合があります。この手法を使用するには、コントロール インスタンスで UIElement.AddHandler メソッドを呼び出します。これを行うには、handledEventsTootrue として宣言し、関連するイベントの静的 RoutedEvent 識別子を routedEvent パラメーターとして提供します。これにより、この方法で使用できるのは、RoutedEvent 識別子がクラス定義に存在するイベントのみになります。詳細については、UIElement.AddHandler のトピックまたは「Windows Phone のイベント」を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

リファレンス

その他の技術情報

表示:
© 2016 Microsoft