情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UriMapperBase クラス

2013/12/12

マッピング規則に基づいて URI (Uniform Resource Identifier) を新しい URI に変換するクラスの基本クラスを表します。

System.Object
  System.Windows.Navigation.UriMapperBase
    System.Windows.Navigation.UriMapper

Namespace:  System.Windows.Navigation
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public abstract class UriMapperBase

UriMapperBase 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
プロテクト メソッドUriMapperBaseUriMapperBase クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドMapUri派生クラスでオーバーライドされた場合、要求された URI (Uniform Resource Identifier) を新しい URI に変換します。
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

ある URI を別の URI に変換するためにカスタマイズしたロジックを実装する必要がある場合、UriMapperBase クラスから派生したクラスを作成します。カスタマイズした URI マッピング ロジックを実装するには、MapUri メソッドをオーバーライドし、URI の変換方法をそのメソッドに指定します。

Windows Phone アプリケーションでカスタマイズした URI マッピング クラスを使用するには、Frame オブジェクトの UriMapper にそのクラスを指定する必要があります。

UriMapper クラスは UriMapperBase から派生し、要求 URI を異なる URI にマッピングする基本的な実装を備えています。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示: