情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Transform クラス

2013/12/12

2 次元平面での変換を可能にする機能を定義します。

Namespace:  System.Windows.Media
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public abstract class Transform : GeneralTransform

Transform 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティDispatcherこのオブジェクトに関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティInverseこの変換の逆 (存在する場合) を取得します。 (GeneralTransform.Inverse をオーバーライドします。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドCheckAccess呼び出しスレッドが、このオブジェクトにアクセスできるかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue依存関係プロパティのローカル値をクリアします。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValueアニメーションがアクティブでない場合に適用される、Windows Phone 依存関係プロパティに対し設定されている基本値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetValueDependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドReadLocalValueローカル値が設定されている場合、依存関係プロパティのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetValueDependencyObject で依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドTransform指定した点を変換し、結果を返します。 (GeneralTransform から継承されます。)
パブリック メソッドTransformBounds指定した境界ボックスを変換し、変換した境界ボックスが収まる大きさの軸平行境界ボックスを返します。 (GeneralTransform.TransformBounds(Rect) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドTryTransform指定したポイントの変換を試行し、変換が成功したかどうかを示す値を返します。 (GeneralTransform.TryTransform(Point, Point) をオーバーライドします。)
このページのトップへ

変換には、回転 (RotateTransform)、拡大縮小 (ScaleTransform)、傾斜 (SkewTransform)、平行移動 (TranslateTransform) などのさまざまな種類があります。このクラス階層は、クラスであり、アニメーションと列挙のセマンティクスをサポートするため、Matrix 構造体とは異なります。

Transform を受け取る XAML 構文では、Transform の非抽象派生型をオブジェクト要素として指定する必要があります。通常、これは Windows Phone で定義されているクラス (MatrixTransformRotateTransformScaleTransformSkewTransformTransformGroup、および TranslateTransform) のいずれかです。それぞれのクラスの構文の説明を参照してください。

MatrixTransform クラスを使用して、RotateTransformScaleTransformSkewTransform、および TranslateTransform の各クラスでは提供されないカスタム変換を作成します。

2 次元の x-y 平面では、変換に 3 x 3 行列を使用します。アフィン変換行列を乗算して、回転や傾き (傾斜) など、平行移動の前の線形変換を構成できます。

アフィン変換行列では最後の列が (0, 0, 1) であるため、指定する必要があるのは最初の 2 列のメンバーだけです。

行列を使わない変換で行列固有の情報を抽出することはできません。しかし、行列を使わない変換を特定のプロパティで調整したり、変換を実行時に行列による変換に置き換えたりすることはできます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示: