この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TextLine.Draw メソッド (DrawingContext, Point, InvertAxes)

 

公開日: 2016年10月

レンダリング、 TextLine オブジェクトに基づいて、指定した DrawingContextします。

名前空間:   System.Windows.Media.TextFormatting
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public abstract void Draw(
	DrawingContext drawingContext,
	Point origin,
	InvertAxes inversion
)

パラメーター

drawingContext
Type: System.Windows.Media.DrawingContext

DrawingContext 先となるオブジェクト、 TextLine を表示します。

origin
Type: System.Windows.Point

A Point 描画の原点を表す値。

inversion
Type: System.Windows.Media.TextFormatting.InvertAxes

列挙 InvertAxes 描画サーフェイスの水平および垂直の軸の反転を示す値。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: