この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TextFormatter クラス

 

公開日: 2016年10月

テキストの書式設定とカスタム テキスト レイアウト クライアントを使用してテキスト行を最新のサービスを提供します。

名前空間:   System.Windows.Media.TextFormatting
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Media.TextFormatting.TextFormatter

public abstract class TextFormatter : IDisposable

名前説明
System_CAPS_protmethodTextFormatter()

TextFormatter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreate()

TextFormatter クラスの新しいインスタンスを作成します。 これは、静的メソッドです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreate(TextFormattingMode)

新しいインスタンスを作成、 TextFormatter モードを指定した書式設定しています。 これは、静的メソッドです。

System_CAPS_pubmethodDispose()

使用されるすべてのマネージ コードとアンマネージ リソースを解放、 TextFormatter オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFormatLine(TextSource, Int32, Double, TextParagraphProperties, TextLineBreak)

作成、 TextLine 書式設定すると、ドキュメントのコンテンツを表示するために使用されます。

System_CAPS_pubmethodFormatLine(TextSource, Int32, Double, TextParagraphProperties, TextLineBreak, TextRunCache)

作成、 TextLine 書式設定すると、ドキュメントのコンテンツを表示するために使用されます。

System_CAPS_pubmethodFormatMinMaxParagraphWidth(TextSource, Int32, TextParagraphProperties)

指定されたテキスト コンテンツを含めることができる完全に最小および最大の段落幅を表す値を返します。

System_CAPS_pubmethodFormatMinMaxParagraphWidth(TextSource, Int32, TextParagraphProperties, TextRunCache)

指定されたテキスト コンテンツを含めることができる完全に最小および最大の段落幅を表す値を返します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

TextFormatterWPF テキストの書式設定とテキストの行を最新のサービスを提供するテキスト エンジンです。 TextFormatter 別のテキスト文字書式および段落のスタイルを処理できるため、国際的なテキスト レイアウトがサポートされています。

従来のテキストとは異なり API, 、 TextFormatter コールバック メソッドのセット内のテキスト レイアウト クライアントと対話します。 これらのメソッドの実装を提供するために必要な TextSource クラスです。 次の図は、テキスト フォーマッタ クライアントとテキスト レイアウト クライアントとのやり取りを示しています。

テキスト レイアウト クライアントと TextFormatter のダイアグラム

テキスト レイアウト クライアントと TextFormatter オブジェクト間の相互作用

TextFormatter テキスト ラン、線、および段落のレベルの機能のサポートだけでなく、OpenType 文字体裁などのテキストの特徴のサポートを提供します。

次の表は、キーのリスト TextFormatter のテキストの特徴のサービスをサポートします。

特性

説明

背景ブラシ

Brush 背景色に使用されます。 BackgroundBrush プロパティを参照してください。

ベースライン配置

行の基準の距離を決定します。 BaselineAlignment プロパティを参照してください。

フォントのリンク

フォントの合成フォントを使用してリンクを提供します。

前景ブラシ

Brush 前景の色に使用されます。 ForegroundBrush プロパティを参照してください。

OpenType

高度な OpenType 文字体裁機能、このようなコンテキスト代替グリフおよび標準合字です。 参照してください、 TextRunTypographyProperties クラスのプロパティです。

タイプフェイス

書体だけでなく、重み、スタイル、および stretch を決定します。 Typeface プロパティを参照してください。

テキスト装飾

サポートを提供 TextDecoration 下線または取り消し線などのオブジェクト。 TextDecorations プロパティを参照してください。

テキスト効果

サポートを提供 TextEffect オブジェクトです。 TextEffects プロパティを参照してください。

次の表は、キーのリスト TextFormatter 段落レベルの機能のサービスをサポートします。

特性

説明

フローの方向

段落のフロー方向-左から右へ、または右から左です。 FlowDirection プロパティを参照してください。

行のインデント

段落内の各行にインデントします。 Indent プロパティを参照してください。

マーカー

段落の最初の行のマーカーの特性。 TextMarkerProperties プロパティを参照してください。

段落のインデント

段落の最初の行のインデント。 ParagraphIndent プロパティを参照してください。

タブ

揃えのタブおよびタブ リーダーのサポートが含まれます。

最小値と最大の段落の幅を決定します。 参照してください、 FormatMinMaxParagraphWidth メソッドです。

右端で折り返す

フローの端に達するとテキストの折り返し方法を決定します。 TextWrapping プロパティを参照してください。

次の表は、キーのリスト TextFormatter 行レベルの機能のサービスをサポートします。

特性

説明

アラインメント

テキストの配置-左、右、中央にあり、または両端揃え。 TextAlignment プロパティを参照してください。

[行間]

行の高さ。 Height プロパティを参照してください。

行の縮小

行のサポートを縮小します。 参照してください、 Collapse メソッドです。

黒いボックスの測定

デバイス フォントの文字をレイアウトするためのメトリックを表します。 詳細については、CharacterMetrics クラスのトピックを参照してください。

キャレットのサポート

キャレット ナビゲーションおよび編集のサポート。 参照してください、 TextLine 文字などのプロパティをヒット GetNextCaretCharacterHitGetPreviousCaretCharacterHitです。

次の表は、キーのリスト TextFormatter テキスト実行レベルの機能のサービスをサポートします。

特性

説明

非表示の実行

表示されていない文字の範囲。 参照してください、 TextHidden オブジェクトです。

あり

行および段落の改行します。

次の例では、使用する方法、 TextFormatter 描画オブジェクトとして表示されるテキストの書式設定された行を生成するオブジェクト。

// Create a TextFormatter object.
TextFormatter formatter = TextFormatter.Create();

// Create common paragraph property settings.
CustomTextParagraphProperties customTextParagraphProperties
    = new CustomTextParagraphProperties();

// Format each line of text from the text store and draw it.
while (textStorePosition < customTextSource.Text.Length)
{
    // Create a textline from the text store using the TextFormatter object.
    using (TextLine myTextLine = formatter.FormatLine(
        customTextSource,
        textStorePosition,
        96 * 6,
        customTextParagraphProperties,
        null))
    {
        // Draw the formatted text into the drawing context.
        myTextLine.Draw(drawingContext, linePosition, InvertAxes.None);

        // Update the index position in the text store.
        textStorePosition += myTextLine.Length;

        // Update the line position coordinate for the displayed line.
        linePosition.Y += myTextLine.Height;
    }
}

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: