このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ScaleTransform クラス

2-D x-y 座標系内のオブジェクトをスケーリングします。

名前空間: System.Windows.Media
アセンブリ: PresentationCore (presentationcore.dll 内)
XML 名前空間 :  http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation

public sealed class ScaleTransform : Transform
public final class ScaleTransform extends Transform
public final class ScaleTransform extends Transform

ScaleTransform を使用して、オブジェクトを左右または上下に伸縮します。ScaleX プロパティは x 軸に沿ってオブジェクトを伸縮する量で指定し、ScaleY プロパティは y 軸に沿ってオブジェクトを伸縮する量で指定します。スケーリング操作は、CenterX プロパティと CenterY プロパティで指定された点を中心に実行されます。

Freezable の機能 : Freezable クラスを継承するため、ScaleTransform クラスはいくつかの特殊な機能を備えています。ScaleTransform オブジェクトを、リソースとして宣言したり、複数のオブジェクトで共有したり、読み取り専用にしてパフォーマンスを向上させたり、複製したり、スレッド セーフにしたりできます。Freezable オブジェクトの各種機能の詳細については、「Freezable オブジェクトの概要」を参照してください。

System.Object
   System.Windows.Threading.DispatcherObject
     System.Windows.DependencyObject
       System.Windows.Freezable
         System.Windows.Media.Animation.Animatable
           System.Windows.Media.GeneralTransform
             System.Windows.Media.Transform
              System.Windows.Media.ScaleTransform

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0
表示: