この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

RotateTransform クラス

 

公開日: 2016年11月

2-D x-y 座標系の指定された点で、オブジェクトを時計回りに回転させます。

名前空間:   System.Windows.Media
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Threading.DispatcherObject
    System.Windows.DependencyObject
      System.Windows.Freezable
        System.Windows.Media.Animation.Animatable
          System.Windows.Media.GeneralTransform
            System.Windows.Media.Transform
              System.Windows.Media.RotateTransform

public sealed class RotateTransform : Transform

名前説明
System_CAPS_pubmethodRotateTransform()

RotateTransform クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodRotateTransform(Double)

新しいインスタンスを初期化、 RotateTransform を時計回りの回転の角度の指定された角度を持つクラス。 回転の中心は原点 (0, 0) になります。

System_CAPS_pubmethodRotateTransform(Double, Double, Double)

新しいインスタンスを初期化、 RotateTransform を指定した角度と中心点を持つクラス。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAngle

角度 (°) の単位で時計回りの回転の角度を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyCanFreeze

オブジェクトを変更不可能にできるかどうかを示す値を取得します。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCenterX

回転の中心点の x 座標を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyCenterY

回転の中心点の y 座標を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyDependencyObjectType

取得、 DependencyObjectType をラップする、 CLR のこのインスタンスの型。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDispatcher

取得、 Dispatcher この DispatcherObject に関連付けられています。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHasAnimatedProperties

示す値を取得するかどうか 1 つまたは複数 AnimationClock オブジェクトがこのオブジェクトの依存関係プロパティのいずれかに関連付けられています。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyInverse

存在する場合は、この変換の逆関数の値を取得します。(Transform から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsFrozen

オブジェクトが変更可能かどうかを示す値を取得します。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyValue

現在の回転変換、 Matrix オブジェクトです。(Transform.Value をオーバーライドします。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。 プロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。 プロパティは既にアニメーション化される場合、指定した HandoffBehavior を使用します。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。 アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。 指定されたプロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。 アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。 指定したプロパティは既にアニメーション化される場合、指定した HandoffBehavior を使用します。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこれにアクセスをサポートしているかどうかを決定 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClone()

値の詳細コピーを作ることにより、この RotateTransform の変更可能なコピーを作成します。

System_CAPS_pubmethodCloneCurrentValue()

これの変更可能なコピーを作成 RotateTransform オブジェクトの値の詳細コピーを作成しています。 このメソッドでは、リソースの参照、データ バインディング、アニメーションはコピーされませんが、その現在の値はコピーします。

System_CAPS_pubmethodCoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定されたかどうかを決定 DependencyObject は現在と同じ DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFreeze()

現在のオブジェクトを変更不可能にし、その IsFrozen プロパティを true に設定します。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

指定したアニメーション化されていない値を返す DependencyPropertyします。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetAsFrozen()

固定コピーを作成、 Freezable, 、基本 (アニメーション化されていない) のプロパティの値を使用します。 コピーが固定されているために、任意の固定されたサブオブジェクトは、参照によってコピーされます。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetCurrentValueAsFrozen()

固定コピーを作成、 Freezable プロパティの現在の値を使用します。 コピーが固定されているために、任意の固定されたサブオブジェクトは、参照によってコピーされます。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティに値を設定ローカルに決定するための特殊な列挙子を作成 DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティに対する有効な値を再評価します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

この文字列表現を作成 GeneralTransformします。(GeneralTransform から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString(IFormatProvider)

渡されたに基づいて、このインスタンスの文字列表現を作成 IFormatProvider パラメーター。(GeneralTransform から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTransform(Point)

指定した点を変換し、結果を返します。(GeneralTransform から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTransformBounds(Rect)

指定した境界ボックスを変換し、軸に沿った境界ボックスが正確に大きさを返します。(Transform から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTryTransform(Point, Point)

指定した点の変換を試行し、変換が成功したかどうかを示す値を返します。(Transform から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodVerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこのへのアクセスを持つことを強制 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticAngleProperty

Angle 依存関係プロパティを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticCenterXProperty

CenterX 依存関係プロパティを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticCenterYProperty

CenterY 依存関係プロパティを識別します。

名前説明
System_CAPS_pubeventChanged

発生したときに、 Freezable またはが含まれているオブジェクトが変更されています。(Freezable から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIFormattable.ToString(String, IFormatProvider)

指定された書式を使用して現在のインスタンスの値を書式設定します。(GeneralTransform から継承されます。)

A RotateTransform によって、指定したオブジェクトを回転させる Angle ポイントに関する CenterX, 、CenterYです。

使用すると、 RotateTransform, 、変換がポイント (0, 0) に関する特定のオブジェクトの座標系を回転することに注意しています。 そのため、オブジェクトの位置によって、可能性があります回転しない (その中心) の場所にします。 たとえば、オブジェクトが x 軸の 0 から 200 単位の位置である場合は、30 度の回転を空振りするオブジェクト 30 度に 200 の原点の周囲に描画される半径円に沿ってします。 配置内のオブジェクトを回転する設定、 CenterXCenterYRotateTransform オブジェクトを回転の中心にします。

Freezable 機能: から継承しているため、 Freezable 、クラス、 RotateTransform クラスには、いくつかの特別な機能が用意されています: RotateTransform オブジェクトを複数のオブジェクト間で共有として宣言されている、パフォーマンスを向上させるためには読み取り専用、複製、およびスレッド セーフです。 によって提供されるさまざまな機能の詳細については Freezable オブジェクトを参照してください Freezable オブジェクトの概要します。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: