このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

PlaneProjection.LocalOffsetX プロパティ

2013/12/12

オブジェクトの平面の x 軸に沿ってオブジェクトを平行移動する際の距離を取得または設定します。

Namespace:  System.Windows.Media
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public double LocalOffsetX { get; set; }
<PlaneProjection LocalOffsetX="double"/>

プロパティ値

型: System.Double
オブジェクトが面の X 軸に沿って変換された距離。

依存関係プロパティの識別子フィールド:  LocalOffsetXProperty

GlobalOffsetXGlobalOffsetY、および GlobalOffsetZ は、画面の軸に沿ってオブジェクトを平行移動するものでした。これに対し、LocalOffsetXLocalOffsetY、および LocalOffsetZ は、オブジェクトの回転後に、そのオブジェクトの平面の、それぞれ対応する軸に沿ってオブジェクトを平行移動するプロパティです。したがって、オブジェクトの回転によって、オブジェクトが平行移動する方向が決まります。

LocalOffsetY の動作も LocalOffsetX と同様ですが、縦軸に沿った移動であるため、RotationX の変更によって影響されるのは、LocalOffsetY でのオブジェクトの動きになります。

LocalOffsetZ では、オブジェクトの背後から、その中心を通り、まっすぐ自分に向かってベクターが描画されているかのように、オブジェクトが、その平面に対して垂直に平行移動されます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2015 Microsoft