このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

PlaneProjection クラス

2013/12/12

オブジェクトの遠近法での変換 (3D のような効果) を表します。

System.Object
  System.Windows.DependencyObject
    System.Windows.Media.Projection
      System.Windows.Media.PlaneProjection

Namespace:  System.Windows.Media
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public sealed class PlaneProjection : Projection

PlaneProjection 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドPlaneProjectionPlaneProjection クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティCenterOfRotationX回転させるオブジェクトの回転の中心の x 座標を取得または設定します。
パブリック プロパティCenterOfRotationY回転するオブジェクトの回転の中心の Y 座標を取得または設定します。
パブリック プロパティCenterOfRotationZ回転するオブジェクトの回転の中心の Z 座標を取得または設定します。
パブリック プロパティDispatcherこのオブジェクトに関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティGlobalOffsetX画面の x 軸に沿ってオブジェクトを平行移動する際の距離を取得または設定します。
パブリック プロパティGlobalOffsetY画面の y 軸に沿ってオブジェクトを平行移動する際の距離を取得または設定します。
パブリック プロパティGlobalOffsetZオブジェクトが画面の Z 軸に沿って変換された距離を取得または設定します。
パブリック プロパティLocalOffsetXオブジェクトの平面の x 軸に沿ってオブジェクトを平行移動する際の距離を取得または設定します。
パブリック プロパティLocalOffsetYオブジェクトが面の Y 軸に沿って変換された距離を取得または設定します。
パブリック プロパティLocalOffsetZオブジェクトが面の Z 軸に沿って変換された距離を取得または設定します。
パブリック プロパティProjectionMatrixPlaneProjection の射影行列を取得します。
パブリック プロパティRotationX回転の X 軸の周りをオブジェクトが回転する角度を取得または設定します。
パブリック プロパティRotationY回転の Y 軸の周りをオブジェクトが回転する角度を取得または設定します。
パブリック プロパティRotationZ回転の Z 軸の周りをオブジェクトが回転する角度を取得または設定します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドCheckAccess呼び出しスレッドが、このオブジェクトにアクセスできるかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue依存関係プロパティのローカル値をクリアします。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValueアニメーションがアクティブでない場合に適用される、Windows Phone 依存関係プロパティに対し設定されている基本値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetValueDependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドReadLocalValueローカル値が設定されている場合、依存関係プロパティのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetValueDependencyObject で依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーCenterOfRotationXPropertyCenterOfRotationX 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーCenterOfRotationYPropertyCenterOfRotationY 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーCenterOfRotationZPropertyCenterOfRotationZ 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーGlobalOffsetXPropertyGlobalOffsetX 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーGlobalOffsetYPropertyGlobalOffsetY 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーGlobalOffsetZPropertyGlobalOffsetZ 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーLocalOffsetXPropertyLocalOffsetX 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーLocalOffsetYPropertyLocalOffsetY 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーLocalOffsetZPropertyLocalOffsetZ 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーProjectionMatrixPropertyProjectionMatrix 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーRotationXPropertyRotationX 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーRotationYPropertyRotationY 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーRotationZPropertyRotationZ 依存関係プロパティを識別します。
このページのトップへ

このクラスは、オブジェクトに対する遠近法変換効果 (3-D 効果) を出すために使用されます。たとえば、オブジェクトが手前またはその逆に回転しているような効果を演出することができます。

遠近法変換が適用された画像

Image with perspective transform applied.

遠近法変換は、このような単純な画像だけでなく、コントロールを含め、あらゆる UIElement に適用できます。たとえば、TextBoxButton を含んでいる Grid に対して同様の効果を適用することも可能です。コントロールが回転された状態でも、非表示にさえなっていなければ、ユーザーは、TextBox に何か文字を入力したり、Button をクリックしたりすることができます。

遠近法変換の基本的な用途をもう 1 つ次の図で紹介します。あるオブジェクトを別のオブジェクトを基準に配置することによって、3-D 効果を出す手法です。

オブジェクトの積み重ねによる 3-D 効果

Shows stacking objects in 3d effect.

静的な 3-D 効果以外にも、遠近法変換の各種プロパティをアニメーション化することによって、動きのある 3-D 効果を演出することができます。

PlaneProjection には、オブジェクトの回転や位置を制御するプロパティが 12 個存在します (RotationXRotationYRotationZCenterOfRotationXCenterOfRotationYCenterOfRotationZGlobalOffsetXGlobalOffsetYGlobalOffsetZLocalOffsetXLocalOffsetY、および LocalOffsetZ)。次のサンプルには、これらのプロパティが実際に使用されています。

メモメモ:

遠近法変換は 3-D エンジンに置き換わるものではありません。しかし、遠近法変換を使用することによって、2-D のコンテンツをあたかも 3 次元空間で描画しているように見せることができます。

遠近法変換を UIElement に適用するには、UIElement オブジェクトの Projection プロパティを PlaneProjection に設定します。PlaneProjection は、空間における変換のレンダリング方法を定義します。次のサンプルには、単純な例が紹介されています。


<StackPanel Margin="35" Background="Gray">
    <StackPanel.Projection>
        <PlaneProjection RotationX="-35" RotationY="-35" RotationZ="15"  />
    </StackPanel.Projection>
    <TextBlock Margin="10">Type Something Below</TextBlock>
    <TextBox Margin="10"></TextBox>
    <Button Margin="10" Content="Click" Width="100" />
</StackPanel>


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2015 Microsoft