MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

BitmapCreateOptions 列挙体

2013/12/12

ビットマップ イメージの初期化オプションを指定します。

この列挙体には、メンバー値のビットごとの組み合わせを可能にする FlagsAttribute 属性が含まれています。

Namespace:  System.Windows.Media.Imaging
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

[FlagsAttribute]
public enum BitmapCreateOptions

メンバー名説明
None初期化オプションは指定されません。これは、Windows Phone の BitmapImage.CreateOptions プロパティの既定値ではありません (DelayCreation が既定値です)。
DelayCreation必要になるまで、BitmapSource オブジェクトの初期化を遅延させます。これは、イメージのコレクションを処理するときに役立ちます。これは、Windows Phone の BitmapImage.CreateOptions プロパティの既定値です。
IgnoreImageCache既存のイメージ キャッシュを使用せずにイメージを初期化します。イメージ キャッシュ内の既存のエントリは、同じ URI を共有している場合でも置き換えられます。このオプションは、キャッシュ内のイメージを更新する必要がある場合にのみ選択します。
BackgroundCreationBitmapSource は宣言されるとすぐに初期化されます。このオプションは、前に使用された URI のイメージ キャッシュを使用します。イメージ キャッシュ内にイメージがない場合、イメージがダウンロードされて、別のバックグラウンド スレッドでデコードされます。

IgnoreImageCache が指定されている場合、イメージ キャッシュ内の既存のエントリは、同じ URI を共有している場合でも置き換えられます。

バージョンについてのメモ

Windows Phone

Windows Phone では、BackgroundCreation 値が有効です。Windows Phone を対象とするアプリケーションの場合、BackgroundCreationDelayCreation の両方を指定すると、BitmapSource の初期化が必要になるまで遅延されます。初期化では、以前に使用された URI 用にイメージ キャッシュが使用されます。イメージ キャッシュ内にイメージがない場合、イメージがダウンロードされて、別のバックグラウンド スレッドでデコードされます。

イメージの縦横比を維持するため、一般に、2 つのピクセル デコード設定 (DecodePixelWidth または DecodePixelHeight) のいずれか 1 つだけを使用することをお勧めします。

BitmapImageCreateOptionsBackgroundCreation を指定する場合、DecodePixelHeight のみを指定する必要があります。BackgroundCreation を指定した場合、DecodePixelWidth プロパティは無視されます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2016 Microsoft