この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ImageBrush クラス

 

公開日: 2016年10月

イメージで領域を塗りつぶします。

名前空間:   System.Windows.Media
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Threading.DispatcherObject
    System.Windows.DependencyObject
      System.Windows.Freezable
        System.Windows.Media.Animation.Animatable
          System.Windows.Media.Brush
            System.Windows.Media.TileBrush
              System.Windows.Media.ImageBrush

public sealed class ImageBrush : TileBrush

名前説明
System_CAPS_pubmethodImageBrush()

新しいインスタンスを初期化、 ImageBrush 内容のないクラスです。

System_CAPS_pubmethodImageBrush(ImageSource)

新しいインスタンスを初期化、 ImageBrush クラスを指定されたイメージで領域を塗りつぶします。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAlignmentX

TileBrush 基本タイルの内容の水平方向の配置を取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyAlignmentY

TileBrush 基本タイルの内容の垂直方向の配置を取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCanFreeze

オブジェクトを変更不可能にできるかどうかを示す値を取得します。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDependencyObjectType

取得、 DependencyObjectType をラップする、 CLR のこのインスタンスの型。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDispatcher

取得、 Dispatcher この DispatcherObject に関連付けられています。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHasAnimatedProperties

示す値を取得するかどうか 1 つまたは複数 AnimationClock オブジェクトがこのオブジェクトの依存関係プロパティのいずれかに関連付けられています。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyImageSource

この ImageBrush によって表示されるイメージを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyIsFrozen

オブジェクトが変更可能かどうかを示す値を取得します。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyOpacity

Brush の不透明度を取得または設定します。(Brush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyRelativeTransform

相対座標を使用して、ブラシに適用される変換を取得または設定します。(Brush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyStretch

タイルに合わせてこの TileBrush のコンテンツを拡大する方法を指定する値を取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTileMode

基本タイルが出力領域より小さい場合に、TileBrush で描画領域を塗りつぶす方法を指定する値を取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTransform

ブラシに適用される変換を取得または設定します。 ブラシの出力をマップして配置した後に、この変換が適用されます。(Brush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyViewbox

TileBrush タイル内のコンテンツの位置とサイズを取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyViewboxUnits

Viewbox 値が、TileBrush コンテンツの境界ボックスに対する相対的なものか、または絶対的な値かを示す値を取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyViewport

TileBrush の基本タイルの位置とサイズを取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyViewportUnits

Viewport の値 (TileBrush 基本タイルのサイズと位置を示す) が出力領域のサイズを基準とした相対値であるかどうかを指定する BrushMappingMode 列挙体を取得または設定します。(TileBrush から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。 プロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。 プロパティは既にアニメーション化される場合、指定した HandoffBehavior を使用します。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。 アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。 指定されたプロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodBeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。 アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。 指定したプロパティは既にアニメーション化される場合、指定した HandoffBehavior を使用します。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこれにアクセスをサポートしているかどうかを決定 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClone()

この ImageBrush の変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの値の詳細コピーを作成します。

System_CAPS_pubmethodCloneCurrentValue()

この ImageBrush オブジェクトの変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの現在値の詳細コピーを作成します。

System_CAPS_pubmethodCoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定されたかどうかを決定 DependencyObject は現在と同じ DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFreeze()

現在のオブジェクトを変更不可能にし、その IsFrozen プロパティを true に設定します。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

指定したアニメーション化されていない値を返す DependencyPropertyします。(Animatable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetAsFrozen()

固定コピーを作成、 Freezable, 、基本 (アニメーション化されていない) のプロパティの値を使用します。 コピーが固定されているために、任意の固定されたサブオブジェクトは、参照によってコピーされます。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetCurrentValueAsFrozen()

固定コピーを作成、 Freezable プロパティの現在の値を使用します。 コピーが固定されているために、任意の固定されたサブオブジェクトは、参照によってコピーされます。(Freezable から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティに値を設定ローカルに決定するための特殊な列挙子を作成 DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティに対する有効な値を再評価します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

この文字列表現を返す Brushします。(Brush から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString(IFormatProvider)

指定したカルチャに固有の書式情報に基づくこのオブジェクトの文字列表現を作成します。(Brush から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodVerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがへのアクセスを持つことを強制DispatcherObjectです。(DispatcherObject から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticImageSourceProperty

ImageSource 依存関係プロパティを識別します。

名前説明
System_CAPS_pubeventChanged

発生したときに、 Freezable またはが含まれているオブジェクトが変更されています。(Freezable から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIFormattable.ToString(String, IFormatProvider)

指定された書式を使用して現在のインスタンスの値を書式設定します。(Brush から継承されます。)

ImageBrush の種類は、 TileBrush によって指定されるイメージとしてその内容を定義する、 ImageSource プロパティです。 イメージをどのように拡大、配置、および並べて表示するを制御できるパターンとその他の効果を生成するを適用できます。 次の図に表示することで実現できる効果をいくつか、 ImageBrushです。

ImageBrush の出力例

ImageBrush を描画できる図形、コントロール、テキスト、その他

前述のように、 ImageBrush を領域に描画、 ImageSourceです。 最も一般的な種類の ImageSource で使用する、 ImageBrush は、 BitmapImage, 、ビットマップ画像を説明します。 使用することができます、 DrawingImage ペイントを使用する、 Drawing オブジェクトで、かつそれが使いやすく、 DrawingBrush 代わりにします。 詳細については ImageSource オブジェクトを参照してください イメージングの概要します。

詳細については ImageBrush 、機能を参照してください イメージ、描画、およびビジュアルによる塗りつぶし の概要です。

ImageBrush クラスから継承 Freezable, 、ImageBrush オブジェクトは、次を含めることがいくつかの特別な機能を取得します。 として、複数のオブジェクト間で共有宣言、パフォーマンスを向上させるためには読み取り専用、複製、およびできる、スレッド セーフにします。 によって提供される機能の詳細については Freezable オブジェクトを参照してください Freezable オブジェクトの概要します。

MediaPermission

to display images that you have T:System.Net.WebPermission or T:System.Security.Permissions.FileIOPermission access for. Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.MediaPermissionImage.SiteOfOriginImage.

MediaPermission

to display images that you don't have T:System.Net.WebPermission or T:System.Security.Permissions.FileIOPermission access for. Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.MediaPermissionImage.SafeImage.

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: