この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FormattedText クラス

 

公開日: 2016年10月

テキストを描画するための低レベルの制御を提供 Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションです。

名前空間:   System.Windows.Media
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Media.FormattedText

public class FormattedText

名前説明
System_CAPS_pubmethodFormattedText(String, CultureInfo, FlowDirection, Typeface, Double, Brush)

互換性のために残されています。テキスト、カルチャ、フロー方向、タイプフェイス、フォント サイズ、およびブラシを指定して、FormattedText クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodFormattedText(String, CultureInfo, FlowDirection, Typeface, Double, Brush, Double)

テキスト、カルチャ、フロー方向、タイプフェイス、フォント サイズ、前景ブラシ、および pixelsPerDip 値を指定して、FormattedText クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodFormattedText(String, CultureInfo, FlowDirection, Typeface, Double, Brush, NumberSubstitution)

互換性のために残されています。新しいインスタンスを初期化、 FormattedText 指定したテキスト、カルチャ、フローの方向、フォント、フォント サイズ、ブラシ、および数字の置換動作をします。

System_CAPS_pubmethodFormattedText(String, CultureInfo, FlowDirection, Typeface, Double, Brush, NumberSubstitution, Double)

テキスト、カルチャ、フロー方向、タイプフェイス、フォント サイズ、前景ブラシ、数字の置換動作、および pixelsPerDip 値を指定して、FormattedText クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodFormattedText(String, CultureInfo, FlowDirection, Typeface, Double, Brush, NumberSubstitution, TextFormattingMode)

互換性のために残されています。新しいインスタンスを初期化、 FormattedText クラスを指定したテキスト、カルチャ、フローの方向、フォント、フォント サイズ、ブラシ、数字の置換動作とテキスト モードを書式設定します。

System_CAPS_pubmethodFormattedText(String, CultureInfo, FlowDirection, Typeface, Double, Brush, NumberSubstitution, TextFormattingMode, Double)

テキスト、カルチャ、フロー方向、タイプフェイス、フォント サイズ、前景ブラシ、数字の置換動作、および pixelsPerDip 値を指定して、FormattedText クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyBaseline

最初の行の基準に最初の行の先頭からの距離を取得、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyExtent

最初の行の最上位の描画ピクセルから最後の行の最下位の描画ピクセルまでの距離を取得します。

System_CAPS_pubpropertyFlowDirection

取得または設定、 FlowDirectionFormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyHeight

最初の行の先頭からの最後の行の一番下までの距離を取得、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyLineHeight

行の高さ、またはテキストの行の行間隔を取得します。

System_CAPS_pubpropertyMaxLineCount

取得または表示する行の最大数を設定します。 テキストを超える、 MaxLineCount は表示されません。

System_CAPS_pubpropertyMaxTextHeight

取得またはテキスト列の最大の高さを設定します。

System_CAPS_pubpropertyMaxTextWidth

取得またはテキストの行のテキストの最大幅 (長さ) を設定します。

System_CAPS_pubpropertyMinWidth

指定されたテキスト コンテンツをすべて格納できる最小のテキストの幅を取得します。

System_CAPS_pubpropertyOverhangAfter

テキストの最後の行の下部にある最下位の描画ピクセルまでの距離を取得します。

System_CAPS_pubpropertyOverhangLeading

行の先頭の描画ピクセルに先頭の配置ポイントからの最大距離を取得します。

System_CAPS_pubpropertyOverhangTrailing

行の末尾の配置ポイントへの後続のインク付きピクセルから最大距離を取得します。

System_CAPS_pubpropertyPixelsPerDip

テキストを表示する PixelsPerDip を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyText

表示されるテキストの文字列を取得します。

System_CAPS_pubpropertyTextAlignment

取得または設定内のテキストの配置、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyTrimming

取得または設定するテキストの省略が示されていることを意味します。

System_CAPS_pubpropertyWidth

末尾の空白文字のいずれかを除く、行の先頭および末尾の配置ポイント間の幅を取得します。

System_CAPS_pubpropertyWidthIncludingTrailingWhitespace

末尾の空白文字のいずれかを含めて、行の先頭および末尾の配置ポイント間の幅を取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodBuildGeometry(Point)

返します。、 Geometry をすべてのグリフと文字装飾を含む書式設定のテキストを表すオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodBuildHighlightGeometry(Point)

返します。、 Geometry を書式設定されたテキストの強調表示の境界ボックスを表すオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodBuildHighlightGeometry(Point, Int32, Int32)

返します。、 Geometry 、強調表示の境界ボックス指定した部分文字列の書式設定されたテキストを表すオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetMaxTextWidths()

テキストの幅の配列を取得します。 配列内の各要素は、連続したテキスト行のテキストの最大の幅を表します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetCulture(CultureInfo)

セット、 CultureInfo 内の文字のセット全体の FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetCulture(CultureInfo, Int32, Int32)

セット、 CultureInfo 内の文字の指定されたサブセットに対する、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontFamily(FontFamily)

設定のフォント ファミリ、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontFamily(FontFamily, Int32, Int32)

内の文字の指定したサブセットのフォント ファミリを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontFamily(String)

内の文字のセット全体のフォント ファミリを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontFamily(String, Int32, Int32)

内の文字の指定したサブセットのフォント ファミリを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontSize(Double)

内の文字のセット全体のフォント サイズを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontSize(Double, Int32, Int32)

指定した文字のサブセットのフォント サイズを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontStretch(FontStretch)

内の文字のセット全体のフォントの伸縮値の設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontStretch(FontStretch, Int32, Int32)

指定した文字のサブセットのフォントの伸縮値の設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontStyle(FontStyle)

内の文字のセット全体のフォント スタイルを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontStyle(FontStyle, Int32, Int32)

指定した文字のサブセットのフォント スタイルを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontTypeface(Typeface)

内の文字のセット全体のフォントの設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontTypeface(Typeface, Int32, Int32)

指定した文字のサブセットのフォントの設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontWeight(FontWeight)

内の文字のセット全体のフォントの太さを設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFontWeight(FontWeight, Int32, Int32)

変更、 FontWeight 内の指定した文字列を FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetForegroundBrush(Brush)

前景色を変更 Brush 全体の FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetForegroundBrush(Brush, Int32, Int32)

前景色を変更 Brush 内の指定した文字列を FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetMaxTextWidths(Double[])

内でテキストの最大幅の配列を設定、 FormattedText, 、行ごとに上です。 配列内の各要素は、連続したテキスト行のテキストの最大の幅を表します。

System_CAPS_pubmethodSetNumberSubstitution(NumberSubstitution)

内の文字のセット全体の数字の置換動作を設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetNumberSubstitution(NumberSubstitution, Int32, Int32)

指定したテキスト内の数字の置換動作を設定、 FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetTextDecorations(TextDecorationCollection)

セット、 TextDecorationCollection 内の文字のセット全体の FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetTextDecorations(TextDecorationCollection, Int32, Int32)

セット、 TextDecorationCollection 内の指定した文字列を FormattedText オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

FormattedText オブジェクトをテキスト内の各文字形式指定できる個別に、複数行のテキストを描画することができます。 次の例では、いくつかの書式を適用されているテキストを示します。

FormattedText オブジェクトを使用して表示されるテキスト

書式設定されたテキスト文字列の例

テキストの特徴の観点から WPF, 、FormattedText グラフィック要素としてテキストを処理するため「低」になっています。 内のテキストの他の側面 WPF コントロールのテキストには、専用のコンテキストでのテキストを処理 (TextBlock, 、TextBox)、フロー ドキュメント モデルを実装する (を参照してください フロー ドキュメントの概要)、またはサポート、 XPS ドキュメント モデル (を参照してください WPF 内のドキュメント)。

内の set アクセス操作子メソッドの多くは FormattedText でサポートされている添付プロパティとの類似点がある TextElement, が、 TextElement より高いレベルのテキストに適用される添付プロパティ フローのいずれもサポートまたは XPSです。

次の例を作成し、 FormattedText オブジェクトし、テキストにいくつかの書式スタイルを適用します。

protected override void OnRender(DrawingContext drawingContext)
{
    string testString = "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor";

    // Create the initial formatted text string.
    FormattedText formattedText = new FormattedText(
        testString,
        CultureInfo.GetCultureInfo("en-us"),
        FlowDirection.LeftToRight,
        new Typeface("Verdana"),
        32,
        Brushes.Black);

    // Set a maximum width and height. If the text overflows these values, an ellipsis "..." appears.
    formattedText.MaxTextWidth = 300;
    formattedText.MaxTextHeight = 240;

    // Use a larger font size beginning at the first (zero-based) character and continuing for 5 characters.
    // The font size is calculated in terms of points -- not as device-independent pixels.
    formattedText.SetFontSize(36 * (96.0 / 72.0), 0, 5);

    // Use a Bold font weight beginning at the 6th character and continuing for 11 characters.
    formattedText.SetFontWeight(FontWeights.Bold, 6, 11);

    // Use a linear gradient brush beginning at the 6th character and continuing for 11 characters.
    formattedText.SetForegroundBrush(
                            new LinearGradientBrush(
                            Colors.Orange,
                            Colors.Teal,
                            90.0),
                            6, 11);

    // Use an Italic font style beginning at the 28th character and continuing for 28 characters.
    formattedText.SetFontStyle(FontStyles.Italic, 28, 28);

    // Draw the formatted text string to the DrawingContext of the control.
    drawingContext.DrawText(formattedText, new Point(10, 0));
}

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: