この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Color 構造体

 

アルファ、赤、緑、および青のチャネルで色を記述します。

名前空間:   System.Windows.Media
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

[TypeConverterAttribute(typeof(ColorConverter))]
[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.None, Readability = Readability.Unreadable)]
public struct Color : IFormattable, IEquatable<Color>

名前説明
System_CAPS_pubpropertyA

取得または設定、 sRGB 色のアルファ チャネルの値。

System_CAPS_pubpropertyB

取得または設定、 sRGB 青の色のチャネルの値。

System_CAPS_pubpropertyColorContext

取得、 International Color Consortium (ICC) または イメージ カラーの管理 (ICM) 色を色のプロファイルです。

System_CAPS_pubpropertyG

取得または設定、 sRGB 緑色の色のチャネルの値。

System_CAPS_pubpropertyR

取得または設定、 sRGB 色の赤チャネルの値。

System_CAPS_pubpropertyScA

取得または設定、 ScRGB 色のアルファ チャネルの値。

System_CAPS_pubpropertyScB

取得または色の ScRGB 青チャネルの値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyScG

取得または設定、 ScRGB 緑色の色のチャネルの値。

System_CAPS_pubpropertyScR

取得または設定、 ScRGB 色の赤チャネルの値。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAdd(Color, Color)

2 つ追加 Color 構造体。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAreClose(Color, Color)

2 つを比較して Color 構造体があいまいに等しいかどうか。

System_CAPS_pubmethodClamp()

セット、 ScRGB 範囲内にいる場合、0 ~ 1 の色域で、色のチャネル。

System_CAPS_pubmethodEquals(Color)

テストするかどうか、指定した Color 構造体がこの色と同じです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticEquals(Color, Color)

2 つあるかどうかをテスト Color 構造体は同じです。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトがあるかどうかをテストする Color 構造体し、は、この色に相当します。(ValueType.Equals(Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromArgb(Byte, Byte, Byte, Byte)

新たに作成 Color 構造体を指定して渡し sRGB アルファ チャネルおよびカラー チャネルの値。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromAValues(Single, Single[], Uri)

新たに作成 Color 指定のアルファ チャネル、チャネルのカラー値とカラー プロファイルを使用して構造体。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromRgb(Byte, Byte, Byte)

新たに作成 Color 構造体を指定して渡し sRGB のカラー チャネル値。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromScRgb(Single, Single, Single, Single)

新たに作成 Color 構造体を指定して渡し ScRGB アルファ チャネルおよびカラー チャネルの値。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromValues(Single[], Uri)

新たに作成 Color カラー プロファイルと指定したチャネル値を使用して、構造体。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

これのハッシュ コードを取得 Color 構造体。(ValueType.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetNativeColorValues()

色のカラー チャネル値を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticMultiply(Color, Single)

指定されたアルファ、赤、青、および緑のチャネルを乗算 Color 指定した値による構造体。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSubtract(Color, Color)

減算、 Color から構造体、 Color 構造体。

System_CAPS_pubmethodToString()

使用して、色の文字列表現を作成、 sRGB チャネル。(ValueType.ToString() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodToString(IFormatProvider)

使用して、色の文字列表現を作成、 sRGB チャネルと指定された書式プロバイダー。

名前説明
System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticAddition(Color, Color)

2 つ追加 Color 構造体。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticEquality(Color, Color)

2 つあるかどうかをテスト Color 構造体は同じです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticInequality(Color, Color)

2 つあるかどうかをテスト Color 構造体が同一でないです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticMultiply(Color, Single)

指定されたアルファ、赤、青、および緑のチャネルを乗算 Color 指定した値による構造体。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticSubtraction(Color, Color)

減算、 Color から構造体、 Color 構造体。

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIFormattable.ToString(String, IFormatProvider)

指定された書式を使用して現在のインスタンスの値を書式設定します。

<object property="predefinedColor"/>
- or -
<object property="#rgb"/>
- or -
<object property="#argb"/>
- or -
<object property="#rrggbb"/>
- or -
<object property="#aarrggbb"/>
- or -
<object property="sc# scA,scR,scG,scB"/>
- or -
<object property="ContextColor profileUri alphaValue,colorValue"/>

predefinedColor

定義済みの色、 Colors クラスです。

rgb

3 桁の 16 進数。 最初の桁を指定色の R 値、2 番目の数字を指定、 G 値、および 3 番目の桁を指定、 B 値。 たとえば、00F のようにします。

argb

4 桁の 16 進数。 最初の桁の色を指定する A 値、2 番目の数字を指定の R 値に設定する次の桁を指定、 G 値、および最終的な数字を指定の B 値。 たとえば、F00F のようにします。

rrggbb

6 桁の 16 進数。 最初の 2 桁の色を指定する R 値に設定する次の 2 つの指定、 G 値、および最後の 2 つの指定、 B 値。 たとえば、0000FF のようにします。

aarrggbb

8 桁 16 進数。 最初の 2 桁の色を指定する A 値に設定する次の 2 つの指定、 R 値に設定する次の 2 つの指定、 G 値、および最後の 2 つを指定の B 値。 たとえば、FF0000FF のようにします。

スタティック コード分析

System.Single

色の ScA 値。

scR

System.Single

色の ScR 値。

scG

System.Single

色の ScG 値。

scB

System.Single

色の ScB 値。

System.Uri

International Color Consortium (ICC) または イメージ カラーの管理 (ICM) カラー プロファイル。

alphaValue

System.Single

アルファ チャネルのカラー値。 値の範囲は、0.0 ~ 1.0 です。

colorValue

System.Single

カラー プロファイルのカラー チャネルを表す値を 3 ~ 8 個のコンマ区切りの一覧。 値の範囲は、0.0 ~ 1.0 です。

この例では、sRGB、ScRGB、およびカラー プロファイルの値を使用して色を青に作成する方法を示します。

<Page xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" 
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" >
<StackPanel Margin="20">

  <!-- This rectangle fill uses a Color with ScRGB values to
       create a completely opaque blue. -->
  <Rectangle Width="50" Height="50"  Margin="10">
     <Rectangle.Fill>
       <SolidColorBrush>
         <SolidColorBrush.Color>

           <!-- Describes the brush's color using
                ScRGB values. Each value has a range of 0-1.  -->
           <Color ScA="1.0" ScR="0.0" ScG="0.0" ScB="1.0" />
        </SolidColorBrush.Color>
      </SolidColorBrush>
    </Rectangle.Fill>
  </Rectangle>

  <!-- This rectangle fill uses a Color with sRGB values to
       create a completely opaque blue. -->
  <Rectangle Width="50" Height="50"  Margin="10">
     <Rectangle.Fill>
       <SolidColorBrush>
         <SolidColorBrush.Color>

           <!-- Describes the brush's color using
                sRGB values. Each value is a byte with range of 0-255.  -->
           <Color A="255" R="0" G="0" B="255" />
        </SolidColorBrush.Color>
      </SolidColorBrush>
    </Rectangle.Fill>
  </Rectangle>

  <!-- This rectangle fill uses the sRGB color profile and values to
       create a complete opaque blue. -->
  <Rectangle Width="50" Height="50"  Margin="10">
    <Rectangle.Fill>
      <SolidColorBrush Color="ContextColor 
	   file://C:/WINDOWS/system32/spool/drivers/color/sRGB%20Color%20Space%20Profile.icm
	   1.0,0.0,0.0,1.0"/>
    </Rectangle.Fill>
  </Rectangle>

</StackPanel>
</Page>

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: