エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

QuinticEase クラス

2013/12/12

f(t) = t という数式を使用して加速または減速するアニメーションを作成するイージング関数を表します。5.

Namespace:  System.Windows.Media.Animation
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public class QuinticEase : EasingFunctionBase

QuinticEase 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドQuinticEaseQuinticEase クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティDispatcherこのオブジェクトに関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティEasingModeアニメーションの補間方法を指定する値を取得または設定します。 (EasingFunctionBase から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドCheckAccess呼び出しスレッドが、このオブジェクトにアクセスできるかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue依存関係プロパティのローカル値をクリアします。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドEase正規化された時間を変換して、アニメーションのペースを制御します。 (EasingFunctionBase から継承されます。)
プロテクト メソッドEaseInCoreカスタム イージング関数の EaseIn モードを生成するためにオーバーライドできる、イージング関数のロジック部分を提供します。 (EasingFunctionBase.EaseInCore(Double) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValueアニメーションがアクティブでない場合に適用される、Windows Phone 依存関係プロパティに対し設定されている基本値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetValueDependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドReadLocalValueローカル値が設定されている場合、依存関係プロパティのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドSetValueDependencyObject で依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

EasingMode を指定することにより、アニメーションの加速、減速、またはその両方を行うかどうかを制御できます。さまざまな値の EasingMode を次のグラフに示します。f(t) はアニメーションの進行を示し、t は時間を示しています。

QuinticEase with graphs of different easingmodes.

この関数に使用される数式は次のとおりです。

f(t) = t5

メモメモ:

PowerEasePower プロパティを使用して、CubicEaseQuadraticEaseQuarticEase、および QuinticEase と同じ動作を作成することができます。たとえば、CubicEasePowerEase で代用するには、Power の値に 3 を指定します。

ランタイムに含まれているイージング関数を使用することに加え、EasingFunctionBase を継承することによって、独自のカスタム イージング関数を作成することもできます。

次の例では、QuinticEase イージング関数を DoubleAnimation に適用して減速するアニメーションを作成します。


<StackPanel x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent">
    <StackPanel.Resources>
        <Storyboard x:Name="myStoryboard">
            <DoubleAnimation From="30" To="200" Duration="00:00:3" 
                Storyboard.TargetName="myRectangle" 
                Storyboard.TargetProperty="Height">
                <DoubleAnimation.EasingFunction>
                    <QuinticEase EasingMode="EaseOut"/>
                </DoubleAnimation.EasingFunction>
            </DoubleAnimation>
        </Storyboard>
    </StackPanel.Resources>

    <Rectangle x:Name="myRectangle" MouseLeftButtonDown="Mouse_Clicked" 
     Fill="Blue" Width="200" Height="30" />

</StackPanel>



// When the user clicks the rectangle, the animation
// begins. 
private void Mouse_Clicked(object sender, MouseEventArgs e)
{
    myStoryboard.Begin();
}


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2015 Microsoft