この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ContentPropertyAttribute クラス

 

公開日: 2016年10月

型のどのプロパティが XAML コンテンツ プロパティであるかを示します。 この情報を使用して、XAML プロセッサは属性付き型の XAML 表現の XAML 子要素を処理します。

名前空間:   System.Windows.Markup
アセンブリ:  System.Xaml (System.Xaml.dll 内)

System.Object
  System.Attribute
    System.Windows.Markup.ContentPropertyAttribute

[AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Class, AllowMultiple = false, 
	Inherited = true)]
public sealed class ContentPropertyAttribute : Attribute

名前説明
System_CAPS_pubmethodContentPropertyAttribute()

ContentPropertyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodContentPropertyAttribute(String)

指定された名前を使用して、ContentPropertyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyName

コンテンツ プロパティであるプロパティの名前を取得します。

System_CAPS_pubpropertyTypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。(Attribute から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodMatch(Object)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したオブジェクトをこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。(Attribute から継承されます。)

場合の関連付けられているプロパティ、 ContentPropertyAttribute の種類はありません string または object, 、XAML プロセッサは値の変換方法を特定しようとしています。 最初のチェックでは、XAML 言語プリミティブのまたは XAML ライターの特定の実装で有効になっている特定のネイティブ変換のネイティブな型変換のためです。 次の手順では、型コンバーターを探します。 基づく実装では、.NET、型コンバーターが識別される TypeConverterAttribute のいずれかのメンバー レベルまたは型レベル定義を適用します。 値の変換を識別できない場合は、XAML オブジェクト ライターは例外をスローします。

受け入れるために複数の単一のオブジェクト要素のコンテンツとして XAML コンテンツ プロパティの型があります、コレクション型としてサポート可能です。

ため、 Inherited=true 属性の値の宣言、 ContentPropertyAttribute 通常コンテンツ プロパティの指定をすべての派生クラスに適用します。 空の適用 ContentPropertyAttribute により、派生クラスを基本クラスで content プロパティ属性の宣言を削除する (およびクラスにコンテンツ プロパティがないことに注意してください)。 別の名前を適用する ContentPropertyAttribute 継承された置換 ContentPropertyAttribute を新しいものです。

.NET Framework の以前のバージョンで、このクラスは WPF 固有の WindowsBase アセンブリに存在していたし、並列実装も含まれて Windows Communication Foundation (WCF)します。.NET Framework&4;, 、ContentPropertyAttribute System.Xaml アセンブリ内します。 詳細については、「Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。

クラスの例 Windows Presentation Foundation (WPF) を使用して、 ContentPropertyAttributeContentControl, である、 Button クラスから継承します。 プロパティ Content 上、 ContentControl によってコンテンツのプロパティが設定、 ContentPropertyAttributeです。 場合、 Button XAML でインスタンス化 ContentButton はボタンの開始と終了タグ間にある要素に設定されます。

次の例は、という名前のクラスを作成 Film を持つ、 ContentPropertyAttribute を適用します。 という名前のプロパティ Title content プロパティとして示されます。

[ContentProperty("Title")]
public class Film
{
    public Film()
    {
    }

    public string Title
    {
        get { return _title; }
        set { _title = value; }
    }

    private string _title;
}

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: