この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

LogicalTreeHelper クラス

 

公開日: 2016年10月

論理ツリー内のオブジェクトのクエリを実行するために静的ヘルパー メソッドを提供します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

System.Object
  System.Windows.LogicalTreeHelper

public static class LogicalTreeHelper

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticBringIntoView(DependencyObject)

要求された UI 要素を表示しようとして発生させる、 FrameworkElement.RequestBringIntoView 結果を報告するために、ターゲットでのイベントです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFindLogicalNode(DependencyObject, String)

検索し、指定の名前を持つオブジェクトを取得しようとします。 検索では、指定したオブジェクトから開始し、論理ツリーのサブノードに続きます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetChildren(DependencyObject)

論理ツリーを処理して、指定したオブジェクトの直接の子オブジェクトのコレクションを返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetChildren(FrameworkContentElement)

指定した直下の子オブジェクトのコレクションを返します FrameworkContentElement 論理ツリーを処理しています。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetChildren(FrameworkElement)

指定した直下の子オブジェクトのコレクションを返します FrameworkElement 論理ツリーを処理しています。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetParent(DependencyObject)

論理ツリーを処理することで、指定したオブジェクトの親オブジェクトを返します。

LogicalTreeHelper クラスが使用するとをオブジェクトの子コレクションを返すことができますか、論理ツリーのサブノード内からのオブジェクトは特定のメソッドを提供します。 ただし、ほとんどのために通常行うオブジェクト ツリーの操作もによって公開されてのようなメソッドやプロパティに FrameworkElement または FrameworkContentElementです。 たとえば、以下を試します。

  • 静的なを呼び出す代わりに GetChildren メソッドで、論理上の子の列挙子オブジェクトが返されるが、そのオブジェクトのコンテンツ モデルで公開されている専用のコレクションを使用します。 コンテンツ モデルをサポートするほぼすべてのオブジェクトは、子オブジェクトのコレクションを格納し、そのコレクションに直接コレクション インターフェイス サポートを提供するプロパティを公開します。

  • 静的を呼び出す代わりに FindLogicalNode を呼び出し、その名前を指定することによって、子オブジェクトを取得するメソッド、 FrameworkElement.FindName または FrameworkContentElement.FindName 固有のオブジェクトのメソッドです。

LogicalTreeHelper ここで、論理ツリーを再帰的に複数のレベルでの上下に移動し、さまざまな親または子オブジェクトを検査するための一貫した方法を使用する分析のシナリオに適しています。 ここでは、コンテンツ モデルの組み合わせにアクセスする可能性があり、複数のコンテンツ モデルを使用して特定の Api になりますが複雑すぎますします。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: