情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Settings.EnableGPUAcceleration プロパティ

2013/12/12

グラフィックスの最適化を伴う可能性のあるキャッシュされた構成に対して、グラフィックス プロセッサ ユニット (GPU) のハードウェア アクセラレータを使用するかどうかを示す値を取得します。

Namespace:  System.Windows.Interop
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public bool EnableGPUAcceleration { get; }

プロパティ値

型: System.Boolean
ハードウェア アクセラレータが有効な場合は true。それ以外の場合は false

オブジェクト レベルでは、UIElement.CacheMode プロパティと System.Windows.Media.BitmapCache 値を使用して、グラフィックスのキャッシュされた構成情報を設定します。ただし、アプリケーション レベルで GPU アクセラレータ機能を有効にする必要があります。この機能は既定では無効です。

アプリケーション開発のプロファイリング フェーズおよびパフォーマンス チューニング フェーズでは、EnableCacheVisualizationtrue に設定して、ハードウェア アクセラレーションを適用する UI の領域のオーバーレイ視覚エフェクトを生成できます。

メモメモ:

色付きの領域は、アクセラレーションのために GPU に渡されるテクスチャを示しています。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: