エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

MouseEventArgs クラス

2013/12/12

Windows Phone のポインターの動きを含む UIElement.MouseMove など、特にデバイスのボタンとは関係のないポインター関連のイベントのデータを提供します。

Namespace:  System.Windows.Input
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public class MouseEventArgs : RoutedEventArgs

MouseEventArgs 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティOriginalSourceイベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得します。 (RoutedEventArgs から継承されます。)
パブリック プロパティStylusDevice入力と関連付けられたスタイラス ポイントのコレクションなど、スタイラス デバイス情報を報告するオブジェクトを取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetPositionポインターの位置の X 座標と Y 座標を返します。必要に応じて、指定した UIElement の座標原点に対して評価される X 座標と Y 座標を返します。
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

このイベント データ クラスは、次のイベントと共に使用されます。

マウス ボタン イベントを特別に処理するイベントは、別のイベント データ クラス MouseButtonEventArgs を使用します。イベント処理とイベント データを使用して、あらゆるポインター イベントの共有 API (MouseEventArgs.GetPosition または MouseEventArgs.StylusDevice) を使用できます。

MouseEventArgs のマウス関連のメンバーは、プロパティではなくメソッドの GetPosition です。特にクリック イベントの場合、またはポインターがキャプチャされた場合は、イベントが発生した時点の正確なポインターの位置がわかると役に立つことがよくあります。GetPosition は、Windows Phone 座標空間を基準とした位置を返し、オプションで、指定された参照要素の特定の座標空間に対する位置も返します。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2015 Microsoft