情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

MouseButtonEventArgs.Handled プロパティ

2013/12/12

ルーティング イベントを処理済みとしてマークする値を取得または設定します。Handled の値が true である場合は、イベント ルート上のほとんどのハンドラーが同じイベントを再処理できません。

Namespace:  System.Windows.Input
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public bool Handled { get; set; }

プロパティ値

型: System.Boolean
ルーティング イベントに処理済みのマークを付けるには true、ルーティング イベントを未処理のままにするには false (この場合は後からイベントの経路を選定でき、他のハンドラーで処理できます)。既定値は false です。

Windows Phone の特定のルーティング イベント データ クラスには Handled というプロパティが存在し、この値を true に設定すると Windows Phone イベント システムの動作に影響します。Handledtrue に設定すると、通常、イベント ルート上の次のオブジェクトにイベントがルーティングされなくなります。一般に、Handled は、アプリケーションのイベント ハンドラーの中で true に設定します。イベントを開始したユーザー アクションが、そのイベント ハンドラーで定義されている別のコードによって適切に処理されたと見なされる場合がこれに該当します。Handledtrue に設定せずにハンドラーでイベントに応答することはできますが、この場合、イベント ルート内の他のオブジェクトがイベントを受信し、現在のイベント ハンドラーが終了した後に独自のイベント ハンドラーを呼び出します。

例外的なケースとして、イベント データで Handled が true に設定された場合でも作用するハンドラーをルーティング イベントに対して登録することができます。ただし、その場合は注意が必要です。複雑なオブジェクト ツリー内で、同じイベントの処理が不適切に何度も実行されるのを防ぐというのが、Handled の趣旨であり、既に処理されたイベントに対して作用するというのは、この意図に反するためです。詳細については、AddHandler を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: