この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ICommandSource インターフェイス

 

公開日: 2016年10月

コマンドの呼び出し方法を認識しているオブジェクトを定義します。

名前空間:   System.Windows.Input
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public interface ICommandSource

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCommand

コマンド ソースが呼び出されたときに実行されるコマンドを取得します。

System_CAPS_pubpropertyCommandParameter

実行時にコマンドに渡すことができるユーザー定義のデータ値を表します。

System_CAPS_pubpropertyCommandTarget

コマンドが実行されているオブジェクト。

コマンド ソースは、特定のオブジェクトで、コマンドを呼び出す方法を定義します。 などの場合、 Button 、コマンドに関連付けられたときに呼び出される、 Button がクリックされました。

関連付けられたコマンドは、現在のコマンドのターゲットで実行できない場合に、コマンド ソースにより自体は通常無効にします。 たとえば、 MenuItem に関連付けられている、 Paste コマンドをいつは淡色表示自体は、 Paste コマンドは、現在のコマンドのターゲットで実行できません。

通常、コマンドのソースに耳を傾け、 CanExecuteChanged のコマンドは、上のイベントです。 キーボード フォーカスの損失などのコマンドのターゲットで条件が変わると、コマンド ソースに通知します。 コマンド ソース クエリを実行できますコマンドを使用して、 CanExecute メソッドです。

クラスの WPF を実装する ICommandSource されます: ButtonBase, 、MenuItem, 、および Hyperlinkです。

Windows Presentation Foundation (WPF) システム コマンドの実行、 CommandTarget プロパティを ICommandSource のみ該当する場合は、 ICommand は、 RoutedCommandです。 場合、 CommandTarget に設定されている、 ICommandSource 、対応するコマンドが、 RoutedCommand, 、コマンドの対象は無視されます。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: