この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ICommand インターフェイス

 

公開日: 2016年10月

コマンドを定義します。

名前空間:   System.Windows.Input
アセンブリ:  System (System.dll 内)

[TypeConverterAttribute("System.Windows.Input.CommandConverter, PresentationFramework, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")]
public interface ICommand

名前説明
System_CAPS_pubmethodCanExecute(Object)

現在の状態でコマンドが実行可能かどうかを決定するメソッドを定義します。

System_CAPS_pubmethodExecute(Object)

コマンドが起動される際に呼び出すメソッドを定義します。

名前説明
System_CAPS_pubeventCanExecuteChanged

コマンドを実行するかどうかに影響するような変更があった場合に発生します。

RoutedCommand RoutedUICommand の 2 つの実装には、 ICommand インターフェイスで Windows Presentation Foundation (WPF)します。

ICommand インターフェイスは、アプリの Windows ランタイム用 .NET で記述されているコマンドのあるコード コントラクトです。 これらのコマンドは、Windows ランタイム XAML などの UI 要素のコマンド実行の動作を提供 Button と具体的には、 AppBarButtonです。 Windows ランタイム アプリ用のコマンドを定義している場合、基本的に同じ手法を使用、.NET アプリケーション用のコマンドを定義するために使用します。 実装するクラスを定義することで、コマンドを実装する ICommand および実装では具体的には、 Execute メソッドです。

Windows ランタイムの XAML をサポートしない x:Static, を使用しようとしていないため、 x:Static コマンドを使用して Windows ランタイムの XAML の場合、マークアップ拡張機能です。 また、この XAML 構文には完全には当てはまりませんインターフェイスを実装して Windows ランタイムの使用するためのコマンドを定義している場合のため、Windows ランタイムには、定義済みのコマンドのライブラリはありません。

<オブジェクト プロパティ="predefinedCommandName"/>

または

<オブジェクト プロパティ="predefinedCommandName.predefinedCommandName"/>

または

<オブジェクト プロパティ="{ customClassName.customCommandName}"/>

predefinedClassName

定義済みのコマンド クラスのいずれかです。

predefinedCommandName

定義済みのコマンドのいずれかです。

customClassName

カスタム コマンドが含まれたカスタム クラスです。 カスタム クラスは一般に必要な xlmns プレフィックスのマッピングは XAML 名前空間および WPF XAML の名前空間マッピングします。

customCommandName

カスタム コマンドです。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
3.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: