この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

GestureRecognizer クラス

 

公開日: 2016年10月

インク ジェスチャを認識します。

名前空間:   System.Windows.Ink
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Threading.DispatcherObject
    System.Windows.DependencyObject
      System.Windows.Ink.GestureRecognizer

public sealed class GestureRecognizer : DependencyObject, IDisposable

名前説明
System_CAPS_pubmethodGestureRecognizer()

GestureRecognizer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodGestureRecognizer(IEnumerable<ApplicationGesture>)

GestureRecognizer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyDependencyObjectType

取得、 DependencyObjectType をラップする、 CLR のこのインスタンスの型。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDispatcher

取得、 Dispatcher この DispatcherObject に関連付けられています。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsRecognizerAvailable

ジェスチャ認識エンジンが、ユーザーのシステムで使用できるかどうかを示すブール値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodCheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこれにアクセスをサポートしているかどうかを決定 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDispose()

GestureRecognizer によって使用されているすべてのリソースを解放します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定されたかどうかを決定 DependencyObject は現在と同じ DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetEnabledGestures()

ジェスチャの取得、 GestureRecognizer を認識します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティに値を設定ローカルに決定するための特殊な列挙子を作成 DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティに対する有効な値を再評価します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRecognize(StrokeCollection)

指定したジェスチャを探します StrokeCollectionします。

System_CAPS_pubmethodSetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetEnabledGestures(IEnumerable<ApplicationGesture>)

アプリケーション ジェスチャを設定、 GestureRecognizer を認識します。

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodVerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがへのアクセスを持つことを強制DispatcherObjectです。(DispatcherObject から継承されます。)

A GestureRecognizer インク ジェスチャを識別します。 設定することができます、 GestureRecognizer すべてまたはアプリケーション ジェスチャのサブセットを認識します。 設定する、 GestureRecognizer を利用できるジェスチャのサブセットを認識して渡す、 ApplicationGesture コンス トラクターまたは使用する配列、 SetEnabledGestures メソッドです。 判断するかどうか、 StrokeCollection ジェスチャに呼び出しを含む、 Recognize メソッドです。

このクラスでは使用できません XAMLします。

次の例では、決定かどうか、 Stroke は、 ScratchOut ジェスチャ。

private bool InterpretScratchoutGesture(Stroke stroke)
{
    // Attempt to instantiate a recognizer for scratchout gestures.
    ApplicationGesture[] gestures = {ApplicationGesture.ScratchOut};
    GestureRecognizer recognizer = new GestureRecognizer(gestures);

    if (!recognizer.IsRecognizerAvailable)
        return false;

    // Determine if the stroke was a scratchout gesture.
    StrokeCollection gestureStrokes = new StrokeCollection();
    gestureStrokes.Add(stroke);

    ReadOnlyCollection<GestureRecognitionResult> results = recognizer.Recognize(gestureStrokes);

    if (results.Count == 0)
        return false;

    // Results are returned sorted in order strongest-to-weakest; 
    // we need only analyze the first (strongest) result.
    if (results[0].ApplicationGesture == ApplicationGesture.ScratchOut &&
          results[0].RecognitionConfidence == RecognitionConfidence.Strong)
    {
        // Use the scratchout stroke to perform hit-testing and 
        // erase existing strokes, as necessary.
        return true;
    }
    else
    {
        // Not a gesture: display the stroke normally.
        return false;
    }
}

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: