この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FrameworkElementFactory クラス

テンプレートの作成をサポートします。

System.Object
  System.Windows.FrameworkElementFactory

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS: http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public class FrameworkElementFactory

FrameworkElementFactory 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドFrameworkElementFactory() FrameworkElementFactory クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドFrameworkElementFactory(String)生成するテキストを指定して、FrameworkElementFactory クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドFrameworkElementFactory(Type) Type を指定して、FrameworkElementFactory クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドFrameworkElementFactory(Type, String) Type と名前を指定して、FrameworkElementFactory クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティFirstChild最初の子ファクトリを取得します。
パブリック プロパティIsSealedこのオブジェクトが不変の状態であるかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティNameテンプレート項目の名前を取得または設定します。
パブリック プロパティNextSibling次の兄弟ファクトリを取得します。
パブリック プロパティParent親の FrameworkElementFactory を取得します。
パブリック プロパティText生成するテキスト文字列を取得または設定します。
パブリック プロパティTypeこのファクトリが生成するオブジェクトの型を取得または設定します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAddHandler(RoutedEvent, Delegate)指定したルーティング イベントのイベント ハンドラーを、このファクトリで作成されたインスタンスに追加します。
パブリック メソッドAddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)指定したルーティング イベントのイベント ハンドラーを、このファクトリで作成されたインスタンスに追加します。このメソッドでは、ルーティング イベントがルート上で別の要素により既に処理済みとしてマークされている場合でも、指定したハンドラーを呼び出すかどうかを指定できます。
パブリック メソッドAppendChild子ファクトリをこのファクトリに追加します。
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeオブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドRemoveHandler指定したルーティング イベントからイベント ハンドラーを削除します。 これは、このファクトリで作成されたインスタンスに適用されます。
パブリック メソッドSetBindingプロパティのデータ バインディングを設定します。
パブリック メソッドSetResourceReference子プロパティに動的リソース参照を設定します。
パブリック メソッドSetValue依存関係プロパティの値を設定します。
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

FrameworkTemplate のサブクラス (ControlTemplateDataTemplate など) であるテンプレートをプログラムによって作成する場合、このクラスの使用はお勧めできません。このクラスを使用してテンプレートを作成した場合、一部のテンプレート機能が使用できなくなります。 テンプレートをプログラムによって作成する場合の推奨方法は、XamlReader クラスの Load メソッドを使用して文字列またはメモリ ストリームから XAML を読み込むことです。

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
表示: