エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

FrameworkElement.Triggers プロパティ

FrameworkElement に対して定義されたアニメーションのトリガーのコレクションを取得します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public TriggerCollection Triggers { get; }
<frameworkElement>
  <frameworkElement.Triggers>
    oneorMoreTriggers
  </frameworkElement.Triggers>
</frameworkElement>

XAML の値

oneorMoreTriggers

EventTrigger 型の 1 つ以上のオブジェクト要素。

プロパティ値

型 : System.Windows.TriggerCollection
このオブジェクトに対して定義されたアニメーションのトリガーのコレクション。

要素に対して EventTriggerobject.Triggers プロパティ要素を使用することは、Silverlight でもサポートされますが、現在のアプリケーションでこの方法はお勧めしません。 EventTrigger は、Loaded イベント (EventTrigger.RoutedEvent プロパティでトリガー イベントを指定) のトリガー アクションのみをサポートできます。これにより、EventTrigger 手法が、ほとんどの実行時の相互作用には適切でなくなります。 EventTrigger および Triggers プロパティを使用する代わりに、次の 2 つの方法のいずれかを検討してください。

  • コントロールではないオブジェクト上のプロパティをアニメーション化する場合、ページまたはアプリケーションの一般的な Resources にストーリーボードを追加します。 その後、"Triggers" を適用しようとしている要素にイベント ハンドラーを割り当てます。 このイベント ハンドラーでは、関連するイベントに応答するときに、リソース ディクショナリからストーリーボードを取得する必要があります。 その上で、StoryboardBegin メソッドを呼び出します。 この方法のもう 1 つの利点は、同じストーリーボードを複数のユーザー対話に適用できることです。

  • コントロールであるオブジェクト (Control から派生) 上のプロパティをアニメーション化する場合、VisualStateManager の方法を使用し、GoToState を呼び出すことで、コントロールの状態またはコントロールに対する入力に基づいて適切なアニメーションを実行します。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft