エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

FrameworkElement.Tag プロパティ

オブジェクトに関するカスタム情報を格納するために使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public Object Tag { get; set; }
<frameworkElement>
  <frameworkElement.Tag>
    object*
  </frameworkElement.Tag>
</frameworkElement>
<frameworkElement Tag="string"/>

XAML の値

object*

オブジェクト要素構文をサポートする Silverlight オブジェクトまたはカスタム オブジェクト (バッキング型は非抽象であり、パブリック デフォルト コンストラクターをサポートする必要があります)。

string

文字列値 (実際の文字列、または文字列からの型変換をサポートするオブジェクト型への入力)。

プロパティ値

型 : System.Object
任意の値。 このプロパティには既定値はありません。

Dependency property identifier field: TagProperty

このプロパティは、他のプログラミング モデルの Tag プロパティと同様です。 Tag は、任意の FrameworkElement に関する基本的なカスタム情報を (FrameworkElement や中間クラスから派生しなくても) 格納できるプロパティの場所をあらかじめ提供するものです。

このプロパティはオブジェクトを受け取るため、XAML で Tag プロパティを、型コンバーターを持つオブジェクト (文字列など) 以外の値に設定するには、プロパティ要素の使用が必要となります。 通常、このようにして使用されるオブジェクトは、Silverlight の標準 XAML 名前空間内にはないため、XAML オブジェクト要素として導入するには、外部名前空間の割り当てが必要になる可能性があります。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft